レシピ 和食

『モツ煮込み』のレシピと作り方

投稿日:2018-12-22 更新日:

豚白モツを使った味噌煮込みです。白モツは3回茹でこぼす事で、余計な臭みや脂を払い、ショウガでさらに臭みを消します。

白モツは脂肪を取ると半分ほどになってしまうので、量は多めのほうが良いかもしれません。

初めから脂肪が取り除かれ、一口大に切られて売られている豚白モツもあると思います。それは脂肪を取り除く作業をせずに、そのまま茹でこぼしを行って下さい。

   

 

丸善 国産豚のやわらかもつ煮込 みそ味 400g×3袋

   

いしもと もつ煮込み 230g×12個

 

 

材料

 

 

3~4人分

豚白モツ 500g~1kg ※脂肪なしなら500~600g

大根 Mサイズ 半分

ニンジン Mサイズ 2本

味噌 大さじ1

昆布 20g

かつおぶし 10g ※だしパックでも可

鷹の爪 1本

ショウガ 1片

長ネギ(白) 少々

長ネギ(青) 1~2本


 

スポンサーリンク

 

 

作り方

2000ccの水に昆布を入れます。このまま一晩置けば、昆布だしが取れます。

一晩経った昆布だしです。火にかける必要はなく、このまま昆布だけ取り出して捨てます。

煮出してだしを取る場合は、昆布を入れた鍋を中火にかけて、沸騰しそうになったら、火を止めて、5分ほど置いてから昆布を取り出します。

昆布を沸騰させて煮てしまうと、海藻臭さのような変なクセが出ます。

だしから昆布を取り出したら、一度沸騰させます。

火を止めて、かつお節を入れます。必ず火を止めてからかつお節を入れて下さい。沸騰させたまま入れると吹きこぼれます。

かつお節を入れたら弱火にかけ、また沸騰し始めたら火を止めて、5分ほど置きます。

 

久原本家 茅乃舎だし 8g×30袋

 

かつお節ではなく、だしパックでも構いません。

かつお節を濾せば、合わせだしの出来上がりです。

まず白モツの内側に着いている白い塊を取ります。この白い塊は脂肪です。

画像の左が脂肪を取った白モツ、右が脂肪です。

脂肪はつけたまま調理してもおいしいのですが、取り外したほうがさっぱりとします。買ってきたばかりの白モツは体積の半分が脂肪である事が解ります。

モツをしっかりと食べたい場合はやや多めに買って脂肪をほどよく取り除いてしまうと良いと思います。

脂肪は綺麗に取る必要はなく、多少残しておいても良いでしょう。

ただ、取り外した脂肪は臭みが強く、ほかの料理には使えないので捨ててください。

脂肪が初めから取り除かれ、一口大に切り分けられている場合は、そのまま茹でこぼしを行って下さい。

   

画像の左が脂肪をつけたままの白モツ、右が取り外した白モツです。

今回は両方を一緒に使って調理します。

これから臭み抜きの為に茹でこぼしをするので、仕上がりはギトギトにはなりません。

茹でこぼしを行います。(初めから脂肪が取り除かれているモツはここから)

鍋に水を張り、白モツを切らないでそのまま入れ、中火にかけて沸騰させます。

沸騰したら、3分ほど煮て、白く濁った煮汁を捨てます。

この煮汁はモツの臭みが出てているので使えません。

もう一度新しい水を入れて、中火にかけて沸騰させます。

3分煮込んでは煮汁を捨てるといった「茹でこぼし」を合計3回行い、モツの臭みと脂分を取り除きます。

沸騰させてたら3分ほど煮込んでから再び、白く濁った煮汁を捨てます。

3度目の茹でこぼしです。煮汁が徐々に透き通ってきてるのが解ります。

臭みはかなり抜けて、脂もほとんど落ちてサッパリとします。

3度目の煮汁を捨てたら、白モツをそのまま冷ましておきます。

白モツが冷めたら、一口大に切り分けます。

   

白モツは茹でこぼしが3回済んだらよく水洗いしておきます。

大きめの鍋に白モツを入れます。

ダシ汁を入れます。

鍋にショウガをおろし器ですりおろして入れ、長ネギ(青)をまるごと1~2本

鷹の爪も1本入れます

鍋に火をかけ、火加減を中強火にし、沸騰しそうになったら火加減を弱火に落とし、蓋をせずに2時間フツフツと煮込みます。

大根は皮を剥き、縦半分に切って、5~6cmくらいの厚さの、かなり大きめにぶつ切りにします。

ニンジンも皮を剥いて、3cmくらいの大きさに、かなり大雑把にぶつ切りにします。

二時間ほど煮込みました。モツはかなり柔らかく煮えています。

長ネギ(青)、鷹の爪を取り出します。

   

味噌を入れます。味見をしながら塩加減を調整して下さい。

ダイコン、ニンジンを加えます。

水が足りない時は、被るくらいまで足します。

落し蓋をし、弱火にかけ、大根に火が通るまで、更に1時間、フツフツと煮込みます。

1時間煮込みました。かなり大きく切ったダイコンは煮崩れない程度にしっかりと火が通ってます。

火を止めて、今度は1時間以上冷まします。

十分に冷ましてから、もう一度温める事で味が染みます。

火を止めて1時間が経ちました。

ダイコンに旨味が染みています。

これを中火にかけて温め直します。

長ネギをみじん切り、もしくは薄切りにします。

どんぶりか、煮物鉢か、小鉢か、予め熱した土鍋によそって、長ネギを散らせば出来上がりです。

 

スポンサーリンク

     


[トップページへ戻る]

 

もつっこ もつ煮 1kg (3人前用) もつっ子

 

 

幸楽ホルモン1.4kg

 


-レシピ, 和食

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

『ペンネ・ポモドーロ』のレシピと作り方

乾燥パスタと、トマトの缶詰があればいつでも作れるスピードメニューです。 コンソメを使わないと素朴な味になります。 コンソメの代わりにアンチョビを入れても美味しいです。     &n …

殻付き銀杏を美味しくいただく『銀杏の茶碗蒸し』のレシピと作り方

失敗しない為には、蒸す時に蒸気を適度に逃して低温でじっくりと火を通し、決して蒸し器の温度を上げすぎない事です。 茶碗蒸しはダシが命なので、ややクドいくらいに濃いだし汁を作ると美味しいと思います。 &n …

スペイン料理『海老とマッシュルームのアヒージョ』のレシピと作り方

陶器製のカスエラという小型の土鍋で様々な材料をたっぷりのオリーブオイルで煮込むスペインのタパス(小皿)料理です。   Graupera スペイン製 テラコッタ 陶器製 カスエラ 土鍋 14c …

『タピオカ・ココナッツミルク』のレシピと作り方

タピオカ・ココナッツミルクは、東南アジア発祥のスイーツで、タイなどの東南アジア諸国で広く親しまれています。 日本では1980年代に白くて粒の小さいタピオカパール入りのココナッツミルクが東南アジアより輸 …

築地銀だこ風『たこ焼き』のレシピと作り方

仕上げに油で軽く表面を揚げて、築地銀だこ風にします。 関西風にする場合は、最後に油で揚げる工程は省いて下さい。       池永鉄工 たこ焼き器 日本製 IH対応 16穴 …