レシピ 和食

『レンコンとゴボウのきんぴら』のレシピと作り方

投稿日:2020-02-18 更新日:

蓮根のシャキシャキした歯ごたえが美味しい、惣菜の定番です。

   

 

下村工業 皮むき器(ピーラー) ブラック ヴェルダンカラー キンピラピーラー VCK-04B

   

はごろも おかずで健康 きんぴらごぼう 60g (2034)×4個

 

 

材料

 

 

 

2~3人分

蓮根 250g

ゴボウ 1本

ニンジン Mサイズ 1本

白ごま 大さじ1

鷹の爪 1本

濃口醤油 大さじ1

ごま油 小さじ1

チー油(鶏油) 小さじ2

砂糖 小さじ1

料理酒 大さじ2

みりん 大さじ1

 

スポンサーリンク

 

 

 

作り方

きんぴらは、基本的には根菜の皮むきをしなくても大丈夫です。

皮付きのほうがゴミが少なくなりますし、皮の部分も栄養価が高く、美味しく食べられるので、剥く必要は特にありません。

蓮根は5mm間隔で薄切りにします。

薄切りにした蓮根は半分にカットしておきます。

ゴボウは泥を落として、5cm前後にカットします。

カットしたゴボウを半分に切り、更に棒状に切ります。

   

全てのゴボウを棒状に切りました。

水にさらして軽くアクを抜きます。

ニンジンも5cmくらいの棒状に切っていきます。

ニンジンを全て棒状に切りました。

3種の根菜を全て切り終わりました。

ゴボウは水を切っておきます。

鷹の爪は1cmくらいに切って、種を抜いておきます。

   

炒めもの用の鍋を中強火にかけ、チー油(鶏油)を入れてなじませます。

鷹の爪を入れて、黒ずんでくるまで炒めて、油に辛味を移します。

ニンジンを入れて、よく混ぜながら1分ほど炒めます。

ゴボウを入れてさらに2分ほど炒めます。

火加減は中強火のままですが、ニンジンが焦げやすいので、ちょっと強いな、と思った場合は、中火くらいにまで火力を落とします。

蓮根を入れます。

混ぜながら焦がさないように、3分炒めます。

蓮根を一切れ取り、味見をして火の通りを確かめます。

チー油(鶏油)を作った時の油かすがあれば、加えると一層美味しくなります。

油かすが無い場合は、生の鶏の皮を一緒に炒めても良いです。

このレシピでは一応入れずに進めます。

料理酒、みりん、砂糖を入れます。

少し煮きってアルコールを飛ばします。

煮切れたら、良く混ぜながら炒めて、照りを出します。

濃口醤油、ごま油を入れて、さっと混ぜてすぐ火を止めます。

一度味見をし、塩加減を調整しておきます。

最後に白ごまを振りかけてよく混ぜます。

お皿に盛り付けて飾りの白ごまをもう一度振りかければ完成です。

 

スポンサーリンク

     


[トップページへ戻る]

 

巡りChaCha 国産 ごぼう茶 ノンカフェイン ブレンドティー 40包 (ごぼう茶)

   

作りおきそうざい Kindle版

 

-レシピ, 和食

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

タイ式焼きそば『パッタイ』のレシピと作り方

エビの旨味とタマリンドの酸味の効いた焼きビーフンで、タイ料理の中でも人気のあるメニューです。   タイの台所 タイビーフン 2㎜ (センレク/細麺) 454g×5個   麺はタイの …

特製タレで作る美味しい『焼きうどん』のレシピと作り方

豚肉と彩り鮮やかな野菜たっぷり、昆布とカツオ風味の醤油ベースの焼きうどんです。 当サイトのレシピで作れる「焼き鳥のタレ」を使って味付けをします。 焼鳥のタレを使わない場合は、醤油、料理酒、みりんをそれ …

鶏肉とご飯を一緒に炊き込む『カオマンガイ(海南チキンライス)』のレシピと作り方

以前は、鶏肉とご飯を別々に炊き込むカオマンガイを作りましたが、今回は炊飯器で鶏肉と米を一緒に炊き込むパターンのカオマンガイを作ってみます。 ご飯はジャスミンライスで炊き込むと、本格的になります。 タイ …

生クリーム不使用!濃厚だけど重すぎない、イタリア料理『カルボナーラ』のレシピと作り方

カルボーネはイタリア語で「炭」という意味で、カルボナーラは「炭のパスタ」あるいは「炭焼き職人のパスタ」などと意訳できます。 名前の由来には諸説ありますが、振りかけた黒胡椒が、炭や炭焼き小屋を連想させる …

麻婆春雨『粉絲肉末(フェン・スー・ロウ・モウ)』のレシピと作り方

フェンスーロウモーは直訳すると春雨の挽肉炒め。 中国の家庭料理で日本では「麻婆春雨」として有名です。 汁気を完全に吸わせ、わざと焦げ付かせて香ばしさを出すのが旨さを引き出すポイントです。   …