レシピ 和食

『レンコンとゴボウのきんぴら』のレシピと作り方

投稿日:2020-02-18 更新日:

蓮根のシャキシャキした歯ごたえが美味しい、惣菜の定番です。

   

 

下村工業 皮むき器(ピーラー) ブラック ヴェルダンカラー キンピラピーラー VCK-04B

   

はごろも おかずで健康 きんぴらごぼう 60g (2034)×4個

 

 

材料

 

 

 

2~3人分

蓮根 250g

ゴボウ 1本

ニンジン Mサイズ 1本

白ごま 大さじ1

鷹の爪 1本

濃口醤油 大さじ1

ごま油 小さじ1

チー油(鶏油) 小さじ2

砂糖 小さじ1

料理酒 大さじ2

みりん 大さじ1

 

スポンサーリンク

 

 

 

作り方

きんぴらは、基本的には根菜の皮むきをしなくても大丈夫です。

皮付きのほうがゴミが少なくなりますし、皮の部分も栄養価が高く、美味しく食べられるので、剥く必要は特にありません。

蓮根は5mm間隔で薄切りにします。

薄切りにした蓮根は半分にカットしておきます。

ゴボウは泥を落として、5cm前後にカットします。

カットしたゴボウを半分に切り、更に棒状に切ります。

   

全てのゴボウを棒状に切りました。

水にさらして軽くアクを抜きます。

ニンジンも5cmくらいの棒状に切っていきます。

ニンジンを全て棒状に切りました。

3種の根菜を全て切り終わりました。

ゴボウは水を切っておきます。

鷹の爪は1cmくらいに切って、種を抜いておきます。

   

炒めもの用の鍋を中強火にかけ、チー油(鶏油)を入れてなじませます。

鷹の爪を入れて、黒ずんでくるまで炒めて、油に辛味を移します。

ニンジンを入れて、よく混ぜながら1分ほど炒めます。

ゴボウを入れてさらに2分ほど炒めます。

火加減は中強火のままですが、ニンジンが焦げやすいので、ちょっと強いな、と思った場合は、中火くらいにまで火力を落とします。

蓮根を入れます。

混ぜながら焦がさないように、3分炒めます。

蓮根を一切れ取り、味見をして火の通りを確かめます。

チー油(鶏油)を作った時の油かすがあれば、加えると一層美味しくなります。

油かすが無い場合は、生の鶏の皮を一緒に炒めても良いです。

このレシピでは一応入れずに進めます。

料理酒、みりん、砂糖を入れます。

少し煮きってアルコールを飛ばします。

煮切れたら、良く混ぜながら炒めて、照りを出します。

濃口醤油、ごま油を入れて、さっと混ぜてすぐ火を止めます。

一度味見をし、塩加減を調整しておきます。

最後に白ごまを振りかけてよく混ぜます。

お皿に盛り付けて飾りの白ごまをもう一度振りかければ完成です。

 

スポンサーリンク

     


[トップページへ戻る]

 

巡りChaCha 国産 ごぼう茶 ノンカフェイン ブレンドティー 40包 (ごぼう茶)

   

作りおきそうざい Kindle版

 

-レシピ, 和食

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

『ペンネ・ポモドーロ』のレシピと作り方

乾燥パスタと、トマトの缶詰があればいつでも作れるスピードメニューです。 コンソメを使わないと素朴な味になります。 コンソメの代わりにアンチョビを入れても美味しいです。     &n …

『担々麺』のレシピと作り方

以前に中国式の「汁なし担々麺」のレシピを書きましたが、今度は日本で一般的な、汁ありの担々麺のほうを作りたいと思います。 『汁なし担々麺(ダン・ダン・ミエン)』のレシピと作り方 ご存知の方も多いと思いま …

タイ料理『カオマンガイ(海南チキンライス)』のレシピと作り方

元々南シナ海に浮かぶ海南島の家庭料理発祥で、「海南鶏飯」(ハイ・ナン・ジー・ファン)、「シンガポールライス」など色々な名称で呼ばれ、台湾、香港、マレーシア、シンガポール、タイなど広く普及している料理で …

『モツのピリ辛味噌炒め』のレシピと作り方

白モツは3回茹でこぼす事で、余計な臭みや脂を払います。 また、白モツの脂肪を取ると半分ほどになってしまうので、量は多めのほうが良いです。 初めから脂肪が取り除かれ、一口大に切られて売られている豚白モツ …

『お好み焼き(豚玉)』のレシピと作り方

カツオ粉とオキアミで香ばしさと自然な旨味を出します。       下村企販 お好み焼き・ホットケーキパン 両面エンボス鉄製 日本製 41.2×23×4cm 25739 & …