おすすめ パスタ料理 レシピ 洋食

『アンチョビキャベツのペペロンチーノ』のレシピと作り方

投稿日:2019-05-26 更新日:

お酒のおつまみに最適なアンチョビキャベツですが、パスタと絡めても相性が良く、素朴な見た目の割に絶妙なバランスの味わいです。

作り方も比較的手間なく簡単で美味しい一品です。

アンチョビに強い旨味があるので、コンソメパウダーなどを使う必要はありません。

   

 

ハウス スパイスクッキングバルメニュー アンチョビキャベツ 12.8g×5個

   

トマトコーポレーション 業務用アンチョビ(ブロークン) 720g

 

 

材料

 

 

 

2~3人分

スパゲッティ  350g
キャベツ Sサイズ 半分
パセリ 一房
アンチョビ 5~6枚
ニンニク 2片
鷹の爪 1/3カット
岩塩 大さじ3 (パスタ茹で用)
ピュアオリーブオイル 大さじ1
エクストラバージンオリーブオイル 小さじ1

 

スポンサーリンク

 

 

 

作り方

パスタとキャベツを茹でる寸胴に水を張って、強火にかけておきます。

鷹の爪を1cmくらいの輪切りにし、種を抜きます。

3片ほどを使います。

ニンニクは包丁の腹で潰し、皮を剥いで薄切りにします。

パセリをみじん切りにしておきます。

   

キャベツを2~3cmくらいの格子切りにします。

炒め用途の鍋にピュアオリーブオイル、ニンニク、鷹の爪を入れ、極弱火にかけます。

ニンニクが揚がってきたら、アンチョビ、パセリを加えます。

アンチョビのオイルも入れると美味しくなります。

   

アンチョビをヘラで細かく潰しながら、1分ほど極弱火で炒めて、火を止めておきます。

パスタを茹でるお湯が沸騰してきたら、食塩とスパゲッティを入れ、火を中火にします。

グラグラとは茹でずに、フツフツとした湯加減で静かに茹でます。

ソースの方にエクストラバージン・オリーブオイル、パスタの茹で汁を加え、白く濁るくらいかき混ぜて乳化させます。

水と油が混ざり合う事で、油っぽさが無くなります。

スパゲッティが茹で上がる2分前にキャベツをパスタの寸胴に入れて、一緒に茹でます。

キャベツを入れてから2分経ったら、スパゲッティとキャベツの茹で加減を味見してから、火を止めて湯切りをします。

火を止めたまま、乳化させたソースにパスタとキャベツを入れてよくかき混ぜます。

お皿によそって出来上がりです。

 

スポンサーリンク

     


[トップページへ戻る]

 

Pelazza(ペラッツァ) アンチョビ フィレ

   

ギア アンチョビペースト60g

 

-おすすめ, パスタ料理, レシピ, 洋食

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

気分は荒野のガンマン『チリビーンズ』のレシピと作り方

チリコンカーン、チリコンカルネとも言われるアメリカ南西部の料理で、キドニービーンズと牛肉を煮込みます。 キドニービーンズは日本の金時豆に似ていますが、長時間煮込んでも金時豆よりも煮崩れしにくい特徴があ …

外食チェーン風『牛丼(すき丼)』のレシピと作り方

外食チェーン風の牛丼を作るので必ず、牛バラ肉を使います。 したらきを入れるので厳密には牛丼ではなく、すきやき丼(すき丼)になってしまいますが、このレシピではしらたきを入れます。 吉野家や、すき家の牛丼 …

鶏肉のカシューナッツ炒め『腰果鶏丁(ヤオ・グォ・ヂィ・ディン)』のレシピと作り方

 「宮保鶏丁(ゴン・バオ・ヂィ・ディン)」と呼ばれる事もありますが、宮保鶏丁は四川料理で、 カシューナッツかピーナッツを入れ、唐辛子を入れて辛くします。   カシューナッツ 1kg …

イタリア料理『カプレーゼ』のレシピと作り方

イタリアのカプリ島由来のサラダで、イタリアでも日本でも定番のオードブルです。 エクストラバージンオリーブオイルを使うと、味も引き立ちます。 本物のエクストラバージンオリーブオイルは、日本でも僅か200 …

炊飯器を使わずに炊く、ご飯の作り方

炊飯器を使わずに、美味しいご飯を炊く方法です。 ここではステンレス鍋を使いますが、土鍋でも同じ方法で炊けます。 昆布と料理酒でより美味しく炊けますが、入れるかは好みで。     & …