おすすめ パスタ料理 レシピ 洋食

『アンチョビキャベツのペペロンチーノ』のレシピと作り方

投稿日:2019-05-26 更新日:

お酒のおつまみに最適なアンチョビキャベツですが、パスタと絡めても相性が良く、素朴な見た目の割に絶妙なバランスの味わいです。

作り方も比較的手間なく簡単で美味しい一品です。

アンチョビに強い旨味があるので、コンソメパウダーなどを使う必要はありません。

   

 

ハウス スパイスクッキングバルメニュー アンチョビキャベツ 12.8g×5個

   

トマトコーポレーション 業務用アンチョビ(ブロークン) 720g

 

 

材料

 

 

 

2~3人分

スパゲッティ  350g
キャベツ Sサイズ 半分
パセリ 一房
アンチョビ 5~6枚
ニンニク 2片
鷹の爪 1/3カット
岩塩 大さじ3 (パスタ茹で用)
ピュアオリーブオイル 大さじ1
エクストラバージンオリーブオイル 小さじ1

 

スポンサーリンク

 

 

 

作り方

パスタとキャベツを茹でる寸胴に水を張って、強火にかけておきます。

鷹の爪を1cmくらいの輪切りにし、種を抜きます。

3片ほどを使います。

ニンニクは包丁の腹で潰し、皮を剥いで薄切りにします。

パセリをみじん切りにしておきます。

   

キャベツを2~3cmくらいの格子切りにします。

炒め用途の鍋にピュアオリーブオイル、ニンニク、鷹の爪を入れ、極弱火にかけます。

ニンニクが揚がってきたら、アンチョビ、パセリを加えます。

アンチョビのオイルも入れると美味しくなります。

   

アンチョビをヘラで細かく潰しながら、1分ほど極弱火で炒めて、火を止めておきます。

パスタを茹でるお湯が沸騰してきたら、食塩とスパゲッティを入れ、火を中火にします。

グラグラとは茹でずに、フツフツとした湯加減で静かに茹でます。

ソースの方にエクストラバージン・オリーブオイル、パスタの茹で汁を加え、白く濁るくらいかき混ぜて乳化させます。

水と油が混ざり合う事で、油っぽさが無くなります。

スパゲッティが茹で上がる2分前にキャベツをパスタの寸胴に入れて、一緒に茹でます。

キャベツを入れてから2分経ったら、スパゲッティとキャベツの茹で加減を味見してから、火を止めて湯切りをします。

火を止めたまま、乳化させたソースにパスタとキャベツを入れてよくかき混ぜます。

お皿によそって出来上がりです。

 

スポンサーリンク

     


[トップページへ戻る]

 

Pelazza(ペラッツァ) アンチョビ フィレ

   

ギア アンチョビペースト60g

 

-おすすめ, パスタ料理, レシピ, 洋食

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

インド料理『ビリヤニ』のレシピと作り方

タイトルには「インド料理」としましたが、インド以外にも、パキスタン、ウズベキスタン、タイ、シンガポール、マレーシア、ベトナム、スリランカ、バングラディッシュ、ミャンマー、イラク、イランなど、東南アジア …

外食チェーン風『牛丼(すき丼)』のレシピと作り方

外食チェーン風の牛丼を作るので必ず、牛バラ肉を使います。 したらきを入れるので厳密には牛丼ではなく、すきやき丼(すき丼)になってしまいますが、このレシピではしらたきを入れます。 吉野家や、すき家の牛丼 …

鶏肉とご飯を一緒に炊き込む『カオマンガイ(海南チキンライス)』のレシピと作り方

以前は、鶏肉とご飯を別々に炊き込むカオマンガイを作りましたが、今回は炊飯器で鶏肉と米を一緒に炊き込むパターンのカオマンガイを作ってみます。 ご飯はジャスミンライスで炊き込むと、本格的になります。 タイ …

渋くない!氷を入れても濁らない!おいしい『アイスティー』の淹れ方

暑くなってくると冷たいお茶が飲みたくなりますが、自分でアイスティーを作った時に、凄く渋かったり、氷を入れた瞬間に濁ってしまったりしませんか? 普通より濃い紅茶を作って、グラスにあらかじめ氷を入れて、熱 …

『冷やし中華』のレシピと作り方

麺は流水で何度もモミ洗いし、ヌメりをとってコシをつけ、氷と一緒居に麺を盛り付けます。 具は、焼豚、トマト、キュウリ、卵を盛り付けます。 焼豚の作り方は以下から 『チャーシュー(焼豚)』のレシピと作り方 …