おすすめ ご飯もの レシピ 和食

炊飯器を使わずに炊く、ご飯の作り方

投稿日:2020-06-21 更新日:

炊飯器を使わずに、美味しいご飯を炊く方法です。

ここではステンレス鍋を使いますが、土鍋でも同じ方法で炊けます。

昆布と料理酒でより美味しく炊けますが、入れるかは好みで。

   

 

【精米】[Amazon限定ブランド] 580.com 会津産 無洗米 コシヒカリ 5kg 令和元年産

   

日立 炊飯器 5.5合 圧力&スチームIH ふっくら御膳 日本製 打込鉄釜 蒸気カット RZ-AV100M R メタリックレッド

 

 

材料

 

 

 

2~3人分

白米 2合

水 380cc ※米1合に対し、水200ccが基本。

だし昆布 10g ※任意

料理酒 大さじ2 ※任意

 

スポンサーリンク

 

 

 

作り方

炊飯に使う鍋に米を入れます。

水を100ccほど注いで、ヘラなどで1分ほど混ぜて米を研ぎます。

水は多すぎても、少なすぎてもうまく研げません。

水が牛乳のように濁ったら、お米をこぼさないように研ぎ汁を7割ほど捨てます。

研ぎ汁を7割捨てたら、水を200ccほど注いで、ヘラでかき混ぜて、また濁った水を捨てます。

それを3~4回ほど繰り返し、かき混ぜても鍋の底が綺麗に見えるくらいまで水を入れ替え続けます。

水は濁りが少ないほど、仕上がりのご飯の味が良くなります。

昔は研ぎ過ぎは栄養が無くなるから、少し濁った研ぎ汁で炊いたほうが良いと言われていましたが、現在では米から栄養を摂らなくても、おかずで十分栄養が摂れるので、米はよく研いでしまったほうが良いです。

研ぎ汁が綺麗になったら、米をこぼさないように出来るだけ水を捨てます。

炊飯に使う水を380cc入れます。

炊飯は1合に対して、200ccが基本です。

つまり2合の米なら400ccの水で炊けば良いのですが、研いでいる時の水が少し鍋に残っている事と、後で料理酒を加える事を考えて若干少なめにします。

料理酒と昆布を加えます。

完全にプレーンなご飯にしたい場合はこれらは入れなくて構いません。

30分ほどこのまま水に漬け込んで、米に水を含ませます。

   

30分の漬け込みが終わったら、鍋を強火にかけます。

沸騰するまで強火で煮ます。

沸騰したら、蓋をして、火を極弱火に一気に落とします。

このまま15分間、炊きます。

きっかり15分で火を止めるので、必ず時間を測って下さい。

また、ご飯の出来上がりまで、蓋は絶対に取らないで下さい。

途中で様子を見てはダメです。

 

セイコー クロック タイマー 赤 メタリック MT717R SEIKO

 

15分間極弱火で炊いたら、火を止めて10分間蓋をしたまま蒸らします。

中はまだベチャベチャの状態で、蒸らすことでふっくらしたご飯になります。

   

10分間蒸らし終わったら、ご飯の出来上がりです。

だし昆布は取り出して捨てて下さい。

しゃもじでよくご飯をきっておきます。

15分間ちゃんと炊いていれば、多少おこげのついた美味しいご飯になっているはずです。

保温だけは電気炊飯器しておくと良いでしょう。

 

スポンサーリンク

     


[トップページへ戻る]

 

白口浜真昆布だし用 一番切 100g x3袋

   

【Amazon.co.jp限定】パナソニック 炊飯器 5.5合 スチームIH式 ダイヤモンド竈釜 ブラック SR-SZ100-K

 

-おすすめ, ご飯もの, レシピ, 和食

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

豚バラ肉の塩漬け『パンチェッタ(生ベーコン)』のレシピと作り方

豚バラ肉をハーブと岩塩で塩漬けにし、乾燥させてから長期間低温で熟成させたもので、生肉の時にはなかった深い旨味があります。また、塩漬け肉ですので大変長持ちします。 これを塩抜きして燻製にしたものが、ベー …

『大根の煮物』のレシピと作り方

良いダシが出るので鶏肉は骨付き肉を使って下さい。 昆布つゆ、鷹の爪はお好みで。ニンジンが甘いので砂糖は入れなくて構いません。        イチビキ おふくろの …

『わさび丼』のレシピと作り方

本わさびをすりおろし、炊きたての御飯の上にかつおぶしと一緒に乗せて、醤油をかけただけ、というシンプルなどんぶりです。 わさびの本場、伊豆の地元料理で、深夜番組の「孤独のグルメ」でとりあげられた事で一躍 …

糒(ほしい)を使って作る もちもち食感の美味しい『鶏ぞうすい』のレシピと作り方

アルファ化米をご存知でしょうか?日本では古来から「糒」(ほしい)と呼ばれ、携行食として利用されてきました。軽くて常温で何年も日持ちする為、最近は災害時の非常食として見直されています。   尾 …

『鶏の竜田揚げ』のレシピと作り方

醤油、酒、みりんの配分が重要で、醤油4、酒3、みりん1くらいの配分で、たっぷりの漬け込み液に短時間で漬けるのが秘訣です。 竜田揚げは、奈良県の「竜田川」に由来しているとか、旧日本海軍の「龍田」という人 …