おすすめ ご飯もの レシピ 和食 鶏肉料理

炊いたご飯に混ぜるだけ『鶏とごぼうの混ぜご飯』のレシピと作り方

投稿日:2019-10-19 更新日:

炊き込まなくても作れる、炊き込みご飯風の鶏と牛蒡の混ぜご飯です。

炊き込みをせずに、普通に炊いたご飯に、あらかじめ作った具材を混ぜるだけなので簡単です。

炊き込み鶏めしは以下をどうぞ。

   

 

うちのごはん 混ぜごはんの素 五目 112g×5個

   

もち麦たっぷり16種雑穀米 500g

 

 

材料

 

 

 

3~4人分

もち米 2合
うるち米 1合
鶏むね肉 1枚
ヒラタケ 1房 ※マイタケ、ブナシメジでも可
ごぼう 1本
にんじん Mサイズ 1/2本
濃口醤油 大さじ1と小さじ2
みりん 小さじ2
料理酒 大さじ1
粒状かつおだし 小さじ1
鷹の爪 1/3本 ※隠し味。入れなくても可
チー油(鶏油) 小さじ2 ※ごま油でも可

鶏肉の下味

岩塩 少々
料理酒 大さじ1

 

スポンサーリンク

 

 

 

作り方

うるち米と、もち米を混ぜて研ぎ、 炊飯器にセットして15分水に浸してからスイッチを入れておきます。

鶏肉は皮を剥がし、余分な脂を切り落としてから、1センチ角くらいのさいの目切りにし、ボウルに入れて料理酒、岩塩を振り、2分ほど手でよく混ぜて粘りを出します。

料理酒を浸透させることで、仕上がりにしっとりと肉が柔らかくなります。

ごぼうはまずタワシでよく表面の泥を落として綺麗にしてから、ボウルに水を張り、ごぼうを包丁でけさがきして水に浸けて、アク抜きをしておきます。

   

ヒラタケは石付きを切り捨ててから、手で割いておきます。

ニンジンは皮を向いてから、銀杏切りにします。

鷹の爪は1cmくらいの輪切りにし、種を抜いて1片だけを使います。

風味を出す隠し味なので辛くならないように少しを使います。

お好みで入れなくても構いません。

炒め用の鍋を中火にかけて、チー油を入れて鍋によく馴染ませ、鶏肉を少しずつ入れ、2分ほど片面を焼きます。

チー油が無い場合はごま油でも構いません。

片面に焦げ目がついてきたら、裏返すようによくほぐし混ぜます。

ごぼうの水を切り、ごぼう、ニンジン、ヒラタケ、鷹の爪を鍋に加えます。

更に粒状鶏ガラスープ、料理酒、みりんを加え、火力を中強火に上げます

2分ほど炒め煮します。

2分経ったら、醤油を加えて、汁気を飛ばすように混ぜながら炒めます。

焦げやすいので注意して下さい。

更に2分ほどして照りが出てきて、汁気が少なくなったら火を止めます。

   

炊飯器のご飯が炊き上がったら、炊飯器の中に具材を入れます。

しゃもじで具材とご飯をしっかりと混ぜます。

お茶碗によそって出来上がりです。

 

スポンサーリンク

     


[トップページへ戻る]

 

聞き書・ふるさとの家庭料理〈2〉混ぜごはん・かてめし (日本語) 単行本 – 2003/1/1

   

忙しいときの 楽うま和食 ― プロに教わる和食教室で「すぐ作れて、おいしい! 」と大評判!! (主婦の友実用No.1シリーズ) (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2015/11/7

 

-おすすめ, ご飯もの, レシピ, 和食, 鶏肉料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

パラパラの『チャーハン』のレシピと作り方

パラパラチャーハンのポイントは、ご飯を固めに炊く事と、卵と油を素早く乳化させ、固まる前にご飯に絡める事です。 ご飯は長く炒めることで香ばしくなります。 エビを入れず焼豚だけでも、美味しいです。 本場中 …

本格四川風よだれ鶏『口水鶏(コゥ・シュイ・ヂー)』のレシピと作り方

「よだれ鶏」というネーミングは、中国語の「口水(コゥ・シュイ)」を直訳したものです。 もちろんヨダレが入っている訳ではなく、四川出身の文豪が少年時代に食べた鶏肉料理に思いを馳せて「思い出すだけでヨダレ …

『親子丼』のレシピと作り方

卵は放っておいても予熱で固まってしまうので、トロフワな食感に仕上げる為に、2回に分けて卵を入れます。   スポンサーリンク   ヨシカワ ステンレス親子鍋 (ステンレス親子鍋蓋付き …

殻付き銀杏を美味しくいただく『銀杏の茶碗蒸し』のレシピと作り方

失敗しない為には、蒸す時に蒸気を適度に逃して低温でじっくりと火を通し、決して蒸し器の温度を上げすぎない事です。 茶碗蒸しはダシが命なので、ややクドいくらいに濃いだし汁を作ると美味しいと思います。 &n …

『鶏の竜田揚げ』のレシピと作り方

醤油、酒、みりんの配分が重要で、醤油4、酒3、みりん1くらいの配分で、たっぷりの漬け込み液に短時間で漬けるのが秘訣です。 竜田揚げは、奈良県の「竜田川」に由来しているとか、旧日本海軍の「龍田」という人 …