おすすめ ご飯もの レシピ 和食 鶏肉料理

炊いたご飯に混ぜるだけ『鶏とごぼうの混ぜご飯』のレシピと作り方

投稿日:2019-10-19 更新日:

炊き込まなくても作れる、炊き込みご飯風の鶏と牛蒡の混ぜご飯です。

炊き込みをせずに、普通に炊いたご飯に、あらかじめ作った具材を混ぜるだけなので簡単です。

炊き込み鶏めしは以下をどうぞ。

   

 

うちのごはん 混ぜごはんの素 五目 112g×5個

   

もち麦たっぷり16種雑穀米 500g

 

 

材料

 

 

 

3~4人分

もち米 2合
うるち米 1合
鶏むね肉 1枚
ヒラタケ 1房 ※マイタケ、ブナシメジでも可
ごぼう 1本
にんじん Mサイズ 1/2本
濃口醤油 大さじ1と小さじ2
みりん 小さじ2
料理酒 大さじ1
粒状かつおだし 小さじ1
鷹の爪 1/3本 ※隠し味。入れなくても可
チー油(鶏油) 小さじ2 ※ごま油でも可

鶏肉の下味

岩塩 少々
料理酒 大さじ1

 

スポンサーリンク

 

 

 

作り方

うるち米と、もち米を混ぜて研ぎ、 炊飯器にセットして15分水に浸してからスイッチを入れておきます。

鶏肉は皮を剥がし、余分な脂を切り落としてから、1センチ角くらいのさいの目切りにし、ボウルに入れて料理酒、岩塩を振り、2分ほど手でよく混ぜて粘りを出します。

料理酒を浸透させることで、仕上がりにしっとりと肉が柔らかくなります。

ごぼうはまずタワシでよく表面の泥を落として綺麗にしてから、ボウルに水を張り、ごぼうを包丁でけさがきして水に浸けて、アク抜きをしておきます。

   

ヒラタケは石付きを切り捨ててから、手で割いておきます。

ニンジンは皮を向いてから、銀杏切りにします。

鷹の爪は1cmくらいの輪切りにし、種を抜いて1片だけを使います。

風味を出す隠し味なので辛くならないように少しを使います。

お好みで入れなくても構いません。

炒め用の鍋を中火にかけて、チー油を入れて鍋によく馴染ませ、鶏肉を少しずつ入れ、2分ほど片面を焼きます。

チー油が無い場合はごま油でも構いません。

片面に焦げ目がついてきたら、裏返すようによくほぐし混ぜます。

ごぼうの水を切り、ごぼう、ニンジン、ヒラタケ、鷹の爪を鍋に加えます。

更に粒状鶏ガラスープ、料理酒、みりんを加え、火力を中強火に上げます

2分ほど炒め煮します。

2分経ったら、醤油を加えて、汁気を飛ばすように混ぜながら炒めます。

焦げやすいので注意して下さい。

更に2分ほどして照りが出てきて、汁気が少なくなったら火を止めます。

   

炊飯器のご飯が炊き上がったら、炊飯器の中に具材を入れます。

しゃもじで具材とご飯をしっかりと混ぜます。

お茶碗によそって出来上がりです。

 

スポンサーリンク

     


[トップページへ戻る]

 

聞き書・ふるさとの家庭料理〈2〉混ぜごはん・かてめし (日本語) 単行本 – 2003/1/1

   

忙しいときの 楽うま和食 ― プロに教わる和食教室で「すぐ作れて、おいしい! 」と大評判!! (主婦の友実用No.1シリーズ) (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2015/11/7

 

-おすすめ, ご飯もの, レシピ, 和食, 鶏肉料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

『天津飯』のレシピと作り方

ご飯の上に広東料理の 芙蓉蛋 (『フー・ユン・ダン』日本名は「蟹玉」)を乗せ、あんをかけたオムレツライスです。 日本の中華料理のメニューにしか存在しない代表的な和製中華料理の一つで、中国の天津には何の …

気分は荒野のガンマン『チリビーンズ』のレシピと作り方

チリコンカーン、チリコンカルネとも言われるアメリカ南西部の料理で、キドニービーンズと牛肉を煮込みます。 キドニービーンズは日本の金時豆に似ていますが、長時間煮込んでも金時豆よりも煮崩れしにくい特徴があ …

定番炊き込みご飯『五目鶏めし』のレシピと作り方

鶏肉、にんじん、ごぼう、ヒラタケ、こんにゃく、油揚げ、の五目炊き込みご飯です。       ヤマモリ 地鶏 釜めしの素 233g×5個     尾西食 …

昭和の洋食屋風『スパゲッティ・ナポリタン』のレシピと作り方

イタリアの港町ナポリにはナポリタンというメニューは無く、完全な和製洋食という事実は割と今では周知されているのではないでしょうか。 最近ではホールトマトやトマトピューレを使った少しオサレなナポリタンのレ …

血生臭くない!美味しい『鶏のレバニラ炒め』のレシピと作り方

塩水と酒で丁寧に生臭さを取れば、臭みもエグみもなく美味しく仕上がります。 もやしを入れると仕上がりに沢山水分がにじみ出やすいので、嫌気するなら入れなくて構いません。   李錦記 蒜蓉辣椒醤  …