おすすめ レシピ 洋食 調味料、素材

豚バラ肉の塩漬け『パンチェッタ(生ベーコン)』のレシピと作り方

投稿日:2018-10-16 更新日:

豚バラ肉をハーブと岩塩で塩漬けにし、乾燥させてから長期間低温で熟成させたもので、生肉の時にはなかった深い旨味があります。また、塩漬け肉ですので大変長持ちします。

これを塩抜きして燻製にしたものが、ベーコンです。

食べる時は必要に応じて塩抜きして、パスタやピザなどに使います。

生で食べると生ハムのような味わいを楽しめますが、一応、生の豚肉ですので、生食は感染症や寄生虫などのリスクを伴います。基本的にはよく火を通して食べましょう。

ちなみに、3ヶ月ほど塩蔵していたパンチェッタを、スライスして一口だけ生のまま食べてみましたが、味わい深くとても美味しかったです。

   

 

ラ・フェリネーゼ社 パンチェッタ 300g

   

生ベーコンスライス 7mmカット 1kg 冷凍

 

材料

豚バラ肉 600g

岩塩 20g

ローズマリー 大さじ1

オレガノ 小さじ1

 

スポンサーリンク

 

作り方

漬け込みの際に肉に雑菌が付くと肉が腐りやすいので、まず肉を触る前に手をアルコール消毒してから、肉をビニール袋に入れ、アルコール消毒したフォークでまんべんなく突き刺して穴を開け、肉の上に岩塩をふりかけます。
 

 

【まとめ買い】フマキラー キッチン用 アルコール除菌スプレー つめかえ用 720ml×3個

   

イタリア トスカーナ岩塩1kg

 

ビニール袋の口を軽く縛り、岩塩をよく揉み込み、冷蔵庫で一晩から1日寝かせます。

寝かせた肉をビニール袋から取り出し、キッチンペーパーの上に乗せます。肉を触る前に手のアルコール消毒を忘れずに。

   

肉をキッチンペーパーで包み、滲み出た水分をよく吸い取っておきます。

肉をキッチンペーパーから取り出して、アルコール消毒したバットに肉を移し、ローズマリー、オレガノをふりかけます。

湿ったキッチンペーパーは捨てます。
 

 

ラバーゼ 燕三条 ステンレス角バット 21cm 日本製 la base 有元葉子 LB-007

 

アルコール消毒した手でハーブを肉によく擦り込みます。

再度、乾いたキッチンペーパーで肉を包みます。

肉の下に網などを敷いて通気性を良くして、バットごと冷蔵庫に入れます。

このまま1週間ほど、塩漬けにします。

どんどんドリップ(水分)が滲み出てくるので、2日に1回キッチンペーパーを新しいものに替えます。

ドリップが滲み出てこなくなるまで、これを続けます。

↑ 2週間ほど経ったもの。水分は大分抜けましたが、まだ表面はしっとりとしています。

ドリップが出なくなったら、キッチンペーパーを外したまま、冷蔵庫でさらに1週間~2ヶ月ほど乾燥、熟成させます。

仕込み始めてから約1ヶ月が経過したパンチェッタです。

乾燥してかなり固くなっています。

さらに冷蔵庫で寝かせる事で、熟成が進みます。

このまま食べても塩辛いので、水に6時間ほど漬けて塩抜きしてから調理します。

カルボナーラに。

アマトリチャーナに。

 

スポンサーリンク

     

[トップページへ戻る]

 

ギャバン オレガノ みじん切り 袋 100g

   

ギャバン ローズマリーホール 100g袋

 

-おすすめ, レシピ, 洋食, 調味料、素材

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

シンガポール風焼きビーフン『星洲炒米粉(シン・チャォ・チャォ・ミー・フェン)』のレシピと作り方

星洲 (シン・チャォ)はシンガポールの昔の呼び名、 炒米粉 (チャォ・ミー・フェン)は炒めたビーフンの事。 「焼きビーフン」は中国の福建省の料理ですが、これをカレー風味にしたものが、シンガポール風焼き …

定番炊き込みご飯『五目鶏めし』のレシピと作り方

鶏肉、にんじん、ごぼう、ヒラタケ、こんにゃく、油揚げ、の五目炊き込みご飯です。       ヤマモリ 地鶏 釜めしの素 233g×5個     尾西食 …

渋くない!氷を入れても濁らない!おいしい『アイスティー』の淹れ方

暑くなってくると冷たいお茶が飲みたくなりますが、自分でアイスティーを作った時に、凄く渋かったり、氷を入れた瞬間に濁ってしまったりしませんか? 普通より濃い紅茶を作って、グラスにあらかじめ氷を入れて、熱 …

市販パスタソースで作る『炊飯器ピラフ』のレシピと作り方

ピラフは米と一緒に野菜や肉やシーフードをフライパンで炒め、水やワインを加えてから炊き上げる米料理です。 レトルトや缶詰のパスタ用ソースと炊飯器でも簡単にそれっぽいものが出来るので作り方を解説したいと思 …

昭和の洋食屋風『スパゲッティ・ナポリタン』のレシピと作り方

イタリアの港町ナポリにはナポリタンというメニューは無く、完全な和製洋食という事実は割と今では周知されているのではないでしょうか。 最近ではホールトマトやトマトピューレを使った少しオサレなナポリタンのレ …