ひき肉料理 レシピ 中華料理 調味料、素材

中華の肉味噌『炸醤(ザージャン)』のレシピと作り方

投稿日:2019-05-18 更新日:


「炸醤(ザージャン)」とは、挽肉、甜麺醤、醤油を合わせて炒めた中華の肉味噌の事です。

甜麺醤(テンメンジャン)の独特の濃厚な甘い風味が特徴です。

これを麺にかけたものが、 炸醤麺です。日本人にはジャージャー麺という呼び名のほうが馴染むでしょうか。

また麻婆豆腐はこの 炸醤(ザージャン) を使って作ります。

   

 

《維力》 炸醤麺 (90g×5袋) (台湾ソース焼そば・スープ付) 《台湾 お土産》 [並行輸入品]

   

坦々麺風ピリ辛たれ 中華スパ 炸醤龍 1人前15入 ノンフライ麺

 

 

材料

 

 

 

ひき肉(合い挽き) 350g

甜麺醤 大さじ2

薄口醤油 小さじ2

紹興酒 小さじ1

 

スポンサーリンク

 

 

 

作り方

中華鍋にひき肉、甜麺醤、醤油、紹興酒を入れ、水を100ccほど入れて、中強火にかけます。

水を入れるのは甜麺醤とひき肉が混ざりやすくする為で、 最終的に飛ばしてしまうので、量はほどほどでいいです。

よく混ぜながら煮込みます。

   

よく煮立たせ、水分を完全に飛ばします。

甜麺醤は焦げ付きやすいので、ある程度水気が飛んできたら中火に火加減を落とします。

水分が飛び、ひき肉の油が滲み出てきたら、その油でひき肉をカリカリに炒めます。

ここでしっかりと挽き肉を炒めておかないと、独特の肉臭さが残ります。

また、半ば揚げるようにカリカリに炒める事で食感もグッと良くなります。

水分が完全に飛んだら炸醤(ザージャン)の出来上がりです。

冷蔵庫なら3日、冷凍なら1ヶ月は持ちます。

   

麻婆豆腐を作る時に使えば、ひき肉を炒める工程が省けます。

担々麺に

うどんに掛ければ、炸醤麺(ザー・ジャン・ミエン)になります。

 

スポンサーリンク

     


[トップページへ戻る]

 

新商品 葱伴侶香菇炸醤(椎茸入りジャーじゃん)210g  葱伴侣香菇炸酱 中華調味料 しいたけ 中国名産・中華食材 中華物産

   

テーオー 甜面醤 1kg×3個

 

-ひき肉料理, レシピ, 中華料理, 調味料、素材

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

奥会津伝統の味『奥会津風かけ蕎麦』のレシピと作り方

関西風でも関東風でも無く、東北地方の山間部で昔から食べられてきた蕎麦のレシピです。 基本的にはたっぷりの大根を具にした汁を使い、「けんちん蕎麦」に近いレシピです。 本来は野うさぎの肉や、山鳥の肉、天然 …

『蒸しキャベツのサラダ』のレシピと作り方

キャベツは生や、煮たり、茹でたりして食べるとそれだけでは淡白すぎて、あまり口が進まず、そんなに大量には食べられるものではないですよね。 しかし、キャベツを蒸すと何故か口当たりがとても軽くなり、いっぱい …

安いお肉でも下ごしらえで柔らかく美味に! ミディアムレアの『ビーフステーキ』のレシピと作り方

繊維の多い牛肩ロースを柔らかく処理し、香味野菜のオイルマリネで野菜の甘味を加えた仕上がりにします。 味付けはトリュフソルトと、黒胡椒と、粒マスタード。塩とコショウは焼く直前に降り、固さの原因である肉の …

タイ式焼きそば『パッタイ』のレシピと作り方

エビの旨味とタマリンドの酸味の効いた焼きビーフンで、タイ料理の中でも人気のあるメニューです。   タイの台所 タイビーフン 2㎜ (センレク/細麺) 454g×5個   麺はタイの …

豚バラ肉の塩漬け『パンチェッタ(生ベーコン)』のレシピと作り方

豚バラ肉をハーブと岩塩で塩漬けにし、乾燥させてから長期間低温で熟成させたもので、生肉の時にはなかった深い旨味があります。また、塩漬け肉ですので大変長持ちします。 これを塩抜きして燻製にしたものが、ベー …