レシピ 洋食

アメリカの国民食『マカロニ・アンド・チーズ』のレシピと作り方

投稿日:2018-11-18 更新日:

アメリカ・イギリスで普及している家庭料理で、アメリカでは「マッケンチーズ」という愛称で親しまれています。

茹でたマカロニに、モルネー・ソース(チーズソース)を掛けただけ、というジャンクな食べ物で、日本人にはちょっと単調で大味に感じるかも知れません。

 

クラフト マカロニ&チーズ チーゼストオリジナル 206g×4個セット

 

クラフト社が発売したインスタント・マカロニ・アンド・チーズが最も有名で、子供が大好きな為か、アメリカではキャラクターもののマカロニ・アンド・チーズがよく売られています。

たっぷりのチーズと牛乳とバターで出来ており、乳製品が不足がちな日本人も、たまには食べるべき料理かも知れません。

チーズはチェダーチーズが最も合うようです。

   

 

奥本製粉 スキーマカロニS 4kg

   

クラフト (Kraft) チーズソースレッドチェダー 300g×4袋

 

材料

2人分

マカロニ 250g

シュレッドチーズ 50g ※チェダーチーズ入りのものを使う。

バター 2 0g

小麦粉 大さじ3

岩塩 小さじ1/2

黒胡椒 少々

コンソメパウダー 小さじ1

牛乳 200cc

食塩 大さじ2 ※マカロニの茹で用

お好みでトッピング

パセリ 少々

フライドベーコン 20g ※1人分

 

スポンサーリンク

 

作り方

大きめの鍋に水を張り、沸騰したら食塩を入れ、マカロニを指定時間より1分早く茹でて、茹で汁を切っておきます。

マカロニを茹でるのはソースを作りながらで構いません。

炒め用の鍋にバターを入れて、弱火にかけて溶かします。

バターが溶けたら小麦粉を入れます。

   

粉っぱさが無くなるまで小麦粉をバター油と練り合わせながら軽く熱します。

バターが足りない時はオリーブオイルを足しても構いません。

牛乳を少しづつ入れてダマにならないように、弱火で熱しながらヘラで練っていきます。

牛乳は一度に入れず、数回に分けて入れます。

牛乳を入れては練り、入れては練りを繰り返し、クリーム状になったらベシャメルソース(ホワイトソース)の出来上がりです。

牛乳をさらに足して、ややシャバシャバにしておきます。

岩塩、黒胡椒、コンソメパウダーを入れて混ぜます。

マギー ビーフコンソメ 1kg
マギー ビーフコンソメ 1kg

 

posted with amazlet at 19.01.12
ネスレ日本
売り上げランキング: 36,545

チーズを加えて、チーズが熱で溶けるまでよく混ぜます。

マカロニが茹で上がっていれば、マカロニを入れます。

チーズソースをマカロニにしっかりと絡めます。

お皿かシリアルボウルに入れて完成です。

お好みで、パセリのみじん切りや、フライドベーコンをかけてお召し上がり下さい。

 

スポンサーリンク

     

[トップページへ戻る]

 

ハインツ (Heinz) ホワイトソース290g×4缶

   

ハインツ (Heinz) かけて焼くだけグラタンソース×6箱

 

-レシピ, 洋食

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

2度揚げで柔らかジューシーな『とんかつ』のレシピと作り方

二度揚げをして、予熱で火を通します。       ヘルメス とんかつソース 900ml     遠藤商事 18-8 半月型とんかつ網 大 5-1711 …

『蒸しキャベツのサラダ』のレシピと作り方

キャベツは生や、煮たり、茹でたりして食べるとそれだけでは淡白すぎて、あまり口が進まず、そんなに大量には食べられるものではないですよね。 しかし、キャベツを蒸すと何故か口当たりがとても軽くなり、いっぱい …

奥会津伝統の味『奥会津風かけ蕎麦』のレシピと作り方

関西風でも関東風でも無く、東北地方の山間部で昔から食べられてきた蕎麦のレシピです。 基本的にはたっぷりの大根を具にした汁を使い、「けんちん蕎麦」に近いレシピです。 本来は野うさぎの肉や、山鳥の肉、天然 …

タイ料理『カオマンガイ(海南チキンライス)』のレシピと作り方

元々南シナ海に浮かぶ海南島の家庭料理発祥で、「海南鶏飯」(ハイ・ナン・ジー・ファン)、「シンガポールライス」など色々な名称で呼ばれ、台湾、香港、マレーシア、シンガポール、タイなど広く普及している料理で …

インドネシアの国民食 本格的『ナシゴレン』のレシピと作り方

インドネシア語で、ナシは「ご飯」、ゴレンは「揚げる」で、英語ではそのままフライドライスで、日本風に言えば「インドネシア風チャーハン」という感じでしょうか。 レシピは様々であり、具は特に決まりはなく、エ …