レシピ 和食 鶏肉料理

米粉で作る『鶏の竜田揚げ』のレシピと作り方

投稿日:2018-09-15 更新日:

竜田揚げは普通は片栗粉100%で作りますが、このレシピでは米粉100%で作ります。

片栗粉で作る本来の竜田揚げとは、見た目も食感も全くの別物で、どことなくお煎餅を思わせる米の風味と、ボリボリとした独特の食感になります。

本来、片栗粉を使った揚げ物を「竜田揚げ」と言うので、これが竜田揚げだとは言えないかも知れませんが、片栗粉の代わりに米粉を使うという以外にレシピは変わらないので、片栗粉を使えば普通の竜田揚げになります。

醤油、酒、みりんの配分が重要で、醤油4、酒3、みりん1くらいの配分で、たっぷりの漬け込み液に短時間で漬けるのが秘訣です。

   

 

波里 お米の粉 薄力粉 1kg

   

日清 たつ田揚げ粉 まぶしタイプ 100g×4個

 

材料

2~3人分

鶏もも肉 2枚
キャノーラ油 1リットル
米粉 100g
醤油 大さじ2
料理酒 大さじ1
みりん 大さじ1
しょうが 1片
ガーリックパウダー 小さじ1/2
粒状鶏ガラスープ 小さじ1
付け合せ
パセリ ひとつまみ
レタス 2枚
トマト 1/4個

 

スポンサーリンク

 

作り方

しょうがをおろし金ですりおろします。

ボウルに醤油、料理酒、みりん、しょうが、ガーリックパウダー、粒状鶏ガラスープを入れて漬け込み液を作ります。

唐揚げに近い味付けになっていますが、もっと純和風にしたい場合は、ガーリックパウダー、粒状鶏ガラスープを入れないで、粒状鰹だしを入れると良いでしょう。

   

鶏肉を皮付きのまま、2cmくらいに斜めにそぎ切りにします。

漬け込み液に常温で30分漬けます。

冷蔵庫で漬けると味が染みにくくなります。

30分以上漬けるのは過剰で、浸透圧で鶏肉の旨味や水分が出てしまいます。

漬け込みが終わったら、漬け込み液をザルなどでしっかり切っておきます。

バットに移し、米粉を鶏肉全体に丁寧に着けます。

180度の油で2分間揚げて、一度油を切ってから、5分ほど休ませてから190度の油でもう一度1分間揚げます。

休ませることで予熱で火が通ります。

揚げ油の温度が低いと衣の油切れが悪くなり、油っぽい仕上がりになるので基本的に高温の油で揚げていきます。

2度揚げが仕上がったら、キッチンペーパーの上に置いて残った油を切っておきます。

平皿に付け合せを添えておきます。

積み上げるように立体的に盛ればできあがりです。

 

スポンサーリンク

     

[トップページへ戻る]

 

[山善] 電気フライヤー 家庭用 卓上 コンパクト ダイヤル式 温度調節 油切り網付き シルバー YAD-F800(S) [メーカー保証1年]

 

波里 お米の粉 薄力粉 1kg

-レシピ, 和食, 鶏肉料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

鶏肉のホイコーロー『回鍋鶏片(フェイ・グォ・ヂー・ピェン)』のレシピと作り方

豚肉の代わりに、鶏胸肉を使った回鍋肉です。 豚肉を使ったホイコーローはこちらから↓ ホイコーロー『回鍋肉片(フェイ・グォ・ロウ・ピェン)』のレシピと作り方       S …

アメリカの定番料理『ポーク・アンド・ビーンズ』のレシピと作り方

ホワイトビーンズ(白インゲン豆)、豚肉、トマトを煮込んだアメリカの定番料理です。 豆は、ホワイトビーンズが定番ですが、キドニービーンズや、ガルバンゾー(ひよこ豆)、大豆などでも美味しく作れると思います …

『小松菜と厚揚げの煮浸し』のレシピと作り方

さっと簡単に出来る、あっさりとした味わいの定番の煮物です。   スポンサーリンク     3分クッキング 永久保存版シリーズ 日本一おいしい煮もの (角川SSCムック) …

中華の肉味噌『炸醤(ザージャン)』のレシピと作り方

「炸醤(ザージャン)」とは、挽肉、甜麺醤、醤油を合わせて炒めた中華の肉味噌の事です。 甜麺醤(テンメンジャン)の独特の濃厚な甘い風味が特徴です。 これを麺にかけたものが、 炸醤麺です。日本人にはジャー …

炊いたご飯に混ぜるだけ『鶏とごぼうの混ぜご飯』のレシピと作り方

炊き込まなくても作れる、炊き込みご飯風の鶏と牛蒡の混ぜご飯です。 炊き込みをせずに、普通に炊いたご飯に、あらかじめ作った具材を混ぜるだけなので簡単です。 炊き込み鶏めしは以下をどうぞ。 定番炊き込みご …