ご飯もの エスニック レシピ 鶏肉料理

タイの国民食『ガパオライス(パッ・ガパオ・ガイ)』のレシピと作り方

投稿日:2019-05-12 更新日:

「ガパオ」とはタイ語でホーリーバジルを意味し、 日本で言えばカレーライスのようなポジションの大衆料理であるようです。

 

冷凍ガパオ 冷凍ホーリーバジル(無農薬) 50g 徳島産 【消費税込み】 2019年、収穫ガパオ、ホーリーバジ 冷凍野菜 ル

 

ホーリーバジルは熱帯地方のハーブで日本の市場では新鮮なものの入手が難しいので、ここでは比較的出回っているスイートバジルで代用します。

ご飯はジャスミンライスで炊き込むと、本格的になります。

弁次郎商店 ジャスミン米 タイ王国産 MFD2019.03.12 香り米 白米 5kg タイ米 弁ちゃん印

 

 

からだスマイルプロジェクト ガパオ 鶏肉のバジル炒め 130g×5個

   

ヤマモリ ガパオごはん 134g×5個

 

 

材料

 

 

 

3人分

鶏もも肉 2枚

スイートバジル 20g ※あれば、ホーリーバジルを使う

パプリカ 半分

サヤインゲン 50g ※ブロッコリー1/2本でも良い

タマネギ Mサイズ 半分

ニンニク 2片

ナム・マン・ホイ(タイ式オイスターソース) 大さじ1 ※無ければ普通のオイスターソースを使う

ナンプラー 小さじ1

シーユーカオ 小さじ1 ※無ければ薄口醤油を使う。

岩塩 少々

料理酒 大さじ2

カイエンペッパー 小さじ1/2 ※お好みで加減

卵 1個 ※一人分

粒状鶏ガラスープ 小さじ1

チー油(鶏油) 小さじ1

バイマックルー(コブミカンの葉) 5~6枚

白米 3合 ※あればジャスミンライスを使う

 

スポンサーリンク

 

 

 

作り方

予め少し固めのご飯を炊いて置きます。あればジャスミンライスを使います。

鶏肉の皮を外します。

鶏肉を三枚おろしにして、細く切り、さらに大体5mm~10mm角に切ります。

細かく切った鶏肉をボウルに入れます。

   

ニンニクを、おろし金ですりおろします。

ボウルに、料理酒、岩塩、すりおろしたニンニクを入れます。

鶏肉から粘りが出るまで、手でよく混ぜておきます。

よく粘りを出すことで仕上がりがしっとりと柔らかくなります。

タマネギを1~2cm角に格子切りにします。

パプリカは5mmくらいの薄さに、短冊切りにします。

   

サヤインゲンはヘタとシッポを取ってら、2~3cmに切ります。

ブロッコリーを使う場合は茎を細かく切り、穂も細かく手で割いておきます。

スイートバジルは葉を細かく手で千切るか、包丁で茎ごとザク切りにしておきます。

バイマックルー(コブミカンの葉)は固い葉脈を取り外し、細かく千切っておきます。

 

GABAN コブミカンの葉 50g

 

切った材料をバットなどにまとめておきます。

炒め用の鍋を中強火にかけ、少し煙が出てきたらチー油を入れます。

油が鍋に馴染んだら、鍋の温度を下げないように鶏肉を少しずつ入れて、時々かき回しながら炒めます。

鶏肉に8割ほど火を通します。

タマネギ、パプリカ、サヤインゲン(もしくはブロッコリー)を入れます。

火力を中火に落として、ナム・マン・ホイ、ナンプラー、シーユーカオ(無ければ薄口醤油)、粒状鶏ガラスープカイエンペッパーを入れて、タマネギが透き通るくらいまで炒めます。

本場の辛さを出したい時は、プリッキーヌ(タイ産の唐辛子)を1本みじん切りにして入れるといいと思います。

 

冷凍 赤唐辛子 ( 500g ) プリッキーヌ 新鮮 タイ産 野菜 唐辛子 辛い 本格 タイ 食材 プロ PRIK DEANG CHAE

   

オイスターソース(ショイス:830g)人気No1、コクが中華とは断然違う

 

ナム・マン・ホイは、オイスターソースベースにシー・ユー・ダム(タイ式たまり醤油)やニンニクなどを加えたタイ式のオイスターソースで、中華のオイスターソースよりも複雑で口当たりが濃厚な味わいが違います。

 

ヘルシーボーイ ソイビーンソース (しょうゆ)700ml

 

シー・ユー・カオはタイ式の薄口醤油で、日本の醤油と同じように大豆が主原料で、他に小麦や砂糖が原料として入っています。

ナンプラーのような強いクセはなく、マイルドでさっぱりとした味わいです。

タマネギに火が通ったら、スイートバジル、バイマックルーを入れます。

火を止めて、ひと混ぜします。

バジルは火で炒める必要はありません。

別のフライパンを中弱火にかけ、少し煙が出てきたらチー油を入れて馴染ませ、を割り入れて、目玉焼きを作ります。

卵をフライパンに入れたら、直ぐに蓋をし、1分そのまま蒸し焼きにし、火を止めて蓋を取らずにそのまま予熱で火を通します。

予熱で1分経ったら、目玉焼きの出来上がりです。

平皿にご飯をよそり、ガパオを盛り付け、目玉焼きを乗せれば完成です。

 

スポンサーリンク

     


[トップページへ戻る]

 

長澤恵のタイ料理教室 大型本 – 2013/6/26

   

ヤマモリ ジャスミンライス 170g×4個

 

-ご飯もの, エスニック, レシピ, 鶏肉料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

外食チェーン風『牛丼(すき丼)』のレシピと作り方

外食チェーン風の牛丼を作るので必ず、牛バラ肉を使います。 したらきを入れるので厳密には牛丼ではなく、すきやき丼(すき丼)になってしまいますが、このレシピではしらたきを入れます。 吉野家や、すき家の牛丼 …

『チャーシュー(焼豚)』のレシピと作り方

初めから網付きで売られていた豚肩ロースを使ってチャーシューと、ついでに味玉を作ります。 網は、煮崩れを防ぐためのものなので、長時間煮て柔らかく仕上げるつもりでなければ無くても構いません。 予め、凧糸で …

ホイコーロー『回鍋肉片(フェイ・グォ・ロウ・ピェン)』のレシピと作り方

「ホイコーロー」は本場四川では、葉ニンニク(スワン・ミャオ)と豚肉だけの具のシンプルな炒めもので、キャベツやピーマンは入りません。 茹でた厚切り肉を使うことで、薄切りの肉を使うよりも、よりボリュームの …

『カツサンド』のレシピと作り方

とんかつの作り方は↓コチラから。 2度揚げで柔らかジューシーな『とんかつ』のレシピと作り方       サンドイッチの発想と組み立て: 世界の定番サンドイッチとその応用 …

チャーハン等の炒めものが格段に旨くなる! 余った鶏の皮から作る調味油『チー油(鶏油)』のレシピと作り方

別名チキンオイル。 チャーハンなどの炒め油に使うと植物油より格段においしくなります。 中華料理屋さんはこれの業務用を使ってチャーハンを作ります。 また、ラーメンスープの調味油としても使われ、ナッツのよ …