おすすめ レシピ 中華料理 鶏肉料理

鶏肉のカシューナッツ炒め『腰果鶏丁(ヤオ・グォ・ヂィ・ディン)』のレシピと作り方

投稿日:2018-10-14 更新日:

 「宮保鶏丁(ゴン・バオ・ヂィ・ディン)」と呼ばれる事もありますが、宮保鶏丁は四川料理で、 カシューナッツかピーナッツを入れ、唐辛子を入れて辛くします。

 

カシューナッツ 1kg 産地直輸入 素焼き 煎りたて 無塩 無添加 チャック付アルミ袋 防災食品 非常食 備蓄食 保存食

 

腰果鶏丁の「腰果」(ヤオ・グォ)とはカシューナッツの事ですので、腰果鶏丁は基本的にはカシューナッツ入りの料理を指します。

腰果鶏丁は広東風の味付けという事で、唐辛子を入れない場合が多いですが、このレシピでは唐辛子を入れて少しピリ辛に仕上げます。

   

 

山田工業所 鉄 打出片手中華鍋(板厚1.6mm) 33cm

   

「Wakiya一笑美茶樓」脇屋友詞のおいしい理由。中華のきほん、完全レシピ (一流シェフのお料理レッスン) Kindle版

 

材料

2~3人分

鶏もも肉 2枚
カシューナッツ ひとつかみ
ピーマン 2つ
鷹の爪 1本
しょうが 1片
長ネギ 1/2本
水溶き片栗粉 適量
チー油(鶏油) 大さじ1

合わせ調味料

醬油 小さじ2
黒胡椒 小さじ1
オイスターソース 小さじ2
料理酒 大さじ1
砂糖 小さじ1/2
リンゴ酢 小さじ2
味の素 少々
粒状鶏ガラスープ 小さじ1

鶏肉の下味

岩塩 小さじ1
黒胡椒 少々
醬油 大さじ1
料理酒 大さじ2
卵 1個
ごま油 大さじ1
片栗粉 大さじ1
 

 

スポンサーリンク

 

作り方

鶏肉を1~2cm角にさいの目切りにします。

まず下味を付けるため、鶏肉をバットかボウルなどに入れ、料理酒、塩、胡椒、醬油を加え、手でよく混ぜてから10分ほど常温で漬け込みます。

肉を漬け込んでいる間に、合わせ調味料の材料(醬油、黒胡椒、オイスターソース、料理酒、砂糖、リンゴ酢、味の素、粒状鶏ガラスープ)を全てひとまとめにしておきます。

炒め合わせの時に別々に調味料を入れていると間に合いません。

水溶き片栗粉

水溶き片栗粉を用意しておきます。

肉に卵を入れ、3分ほどしっかりと手でよく混ぜて、肉に卵液を浸透させていきます。

こうする事で、焼いた時に肉から水分が逃げなくなり、柔らかい食感に仕上がります。

   

鶏肉に十分に卵液を浸透させたら、片栗粉を入れてさらに手で混ぜます。

こうする事で、焼いた時に片栗粉が膜となり、旨味を閉じ込めます。

   

最後にごま油を入れ、手で混ぜます。

こうすることで、焼いた時に肉同士がくっついてしまうのを防ぎます。

これで鶏肉の下味処理は完了です。

鷹の爪を縦半分に切り、種を抜いておきます。

しょうがを薄切りにします。

長ネギを2~3cm角に切ります。

ピーマンはワタを抜いて、2~3cm角に切ります。

中華鍋を中強火で少し煙が立つくらい熱し、チー油(鶏油)を入れて、鷹の爪を入れ、辛味を出します。

鷹の爪は真っ黒になりますが、構いません。

鶏肉を鍋の温度が下がりすぎないように少しずつ入れます。

片面が軽く焼き上がったから、裏返します。

鷹の爪は取り除きます。

肉に8割火が通ったら、ピーマン、長ネギ、しょうがを入れます。

合わせ調味料を入れて、ピーマンに火が通るまで、混ぜるように炒めます。

   

照りが少ない感じなら、水溶き片栗粉を少し入れて、混ぜながら炒めます。

肉に火が通ったら、火を止めて、カシューナッツを入れて混ぜます。

カシューナッツを炒めるとふやけて食感が悪くなってしまうので、料理に混ぜるだけにします。

お皿に盛り付けて出来上がりです。

 

スポンサーリンク

     

[トップページへ戻る]
 

 

菰田欣也の 中華料理名人になれる本: おうち中華のコツがわかる (日本語) 単行本 – 2014/4/3

   

ラクなのに美味しい 驚異の弱火調理法 (日本語) 単行本 – 2014/5/6

 

-おすすめ, レシピ, 中華料理, 鶏肉料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

『蒸しキャベツのサラダ』のレシピと作り方

キャベツは生や、煮たり、茹でたりして食べるとそれだけでは淡白すぎて、あまり口が進まず、そんなに大量には食べられるものではないですよね。 しかし、キャベツを蒸すと何故か口当たりがとても軽くなり、いっぱい …

市販パスタソースで作る『炊飯器ピラフ』のレシピと作り方

ピラフは米と一緒に野菜や肉やシーフードをフライパンで炒め、水やワインを加えてから炊き上げる米料理です。 レトルトや缶詰のパスタ用ソースと炊飯器でも簡単にそれっぽいものが出来るので作り方を解説したいと思 …

『オイルサーディンのスパゲッティ』のレシピと作り方

ナンプラーを古代ヨーロッパの魚醤「ガルム」に見立てて味付けします。   モンテベッロ アッラ・ガルム プラボトル 300ml   「ガルム」は大航海時代以前の古代ヨーロッパで作られ …

スパイスで作る、本格『キーママサラ(キーマカレー)』のレシピと作り方

キーママサラの「キーマ」はヒンディー語で「細かいもの」の意。 細かく切った野菜、肉、パニールなどを、北インド風カレーにしたものです。 一言にキーママサラと言っても、様々な種類があり、肉の代わりにパニー …

『ボロネーゼ』のレシピと作り方

イタリア・ボローニャ地方発祥の料理で、日本の洋食「スパゲッティ・ミートソース」の原型となったパスタです。 洋食屋さんの味『ミートソースのスパゲッティ』のレシピと作り方 スパゲッティ・ ミートソースとの …