おすすめ ひき肉料理 エスニック レシピ

スパイスで作る、本格『キーママサラ(キーマカレー)』のレシピと作り方

投稿日:2020-05-23 更新日:

キーママサラの「キーマ」はヒンディー語で「細かいもの」の意。

細かく切った野菜、肉、パニールなどを、北インド風カレーにしたものです。

一言にキーママサラと言っても、様々な種類があり、肉の代わりにパニールと野菜だけを使った、ベジキーママサラもあります。

このレシピでは合いびき肉のキーママサラを作ります。

「インド料理なのに牛肉を使うの?」と思われるかも知れませんが、インド人の全てがヒンドゥー教徒という訳ではなく、本場も牛肉を使ったキーママサラは割と普通にあります。(また、神様の見ていない場所なら牛を食べても良い、という寛容な考えで食べる教徒も居ます)

インドでメジャーなキーママサラは、パニールや羊肉や鶏肉を使ったものですので、拘りがあるならそちらを使うのも良いと思います。

ひき肉だけのキーママサラでも美味しいので、野菜はお好みで加えて下さい。

このレシピでは、ニンジンとサヤインゲンを入れているので、少しさっぱりした味わいになります。

北インド料理なので、チャパティがあると、キーママサラをより美味しく食べられます。

   

 

ハウス カリー屋キーマカレー 150g×10個

   

S&B スパイスリゾートキーマカレー 91g×5個

 

 

材料

 

 

 

3人分

ひき肉 (合い挽き) 350g

タマネギ Lサイズ 1個

ピーマン 2個

ニンニク 2片

ショウガ 1片

プレーンヨーグルト 100g

トマトの缶詰 1缶(400g)

岩塩 小さじ 1/2

黒胡椒 小さじ 1/2

クミンシード 小さじ1

カルダモンシード 5粒

クミンパウダー 大さじ1

コリアンダーパウダー 大さじ1+小さじ1

ターメリックパウダー 大さじ1+小さじ1

ガラムマサラ 小さじ1

カイエンペッパー 小さじ 1/2

パプリカパウダー 小さじ1

ナツメグパウダー 少々

シナモンパウダー 少々

クローブパウダー 少々

ギー 大さじ1 ※無ければチキンオイルやバターで代用

バター 20g

ビーナッツバター 小さじ2

ニンジン Mサイズ 半分 ※入れるかはお好みで

サヤインゲン 50g (10房くらい) ※入れるかはお好みで

鶏ガラスープ 100cc

パクチー 1房 ※入れるかはお好みで

 

スポンサーリンク

 

 

 

作り方

ニンジンとサヤインゲンを茹でるために、鍋に水を張り、火にかけておきます。

茹でた野菜を加えない場合は、この工程は飛ばして下さい。

ニンジンは細かく賽の目切りにします。

サヤインゲンの尾とヘタを切り落として捨てます。

サヤインゲンを1cmくらいにコマ切れにします。

   

ニンジンとサヤインゲンを一纏めにします。

鍋のお湯が沸騰したら、ニンジンとサヤインゲンを入れて、2分茹でます。

2分経ったら、ザルで湯切りします。

冷水にさらして冷まします。

しっかりと冷えたら、よく水を切っておきます。

タマネギを粗くみじん切りにします。

みじん切りにしたタマネギはボウルなどに分けておきます。

   

ピーマンを粗みじん切りにします。

みじん切りにしたピーマンを皿などに分けておきます。

ニンニクをおろしておきます。

ショウガをおろしておきます。

パクチーを粗く刻んておきます。

大変香りや風味が強いので、入れるかどうかはお好みで。

炒め用途の鍋にギー、またはチー油(鶏油)を入れて、弱火にかけます。

 

ギー・イージー 200g

 

鍋に油が馴染んだら、カルダモンシード、クミンシードを入れて油に香りを移します。

シードが軽く色づいたら、タマネギ、ニンニク、ショウガを鍋に入れ、火を中弱火に上げます。

焦げないように、時々混ぜながら、10分ほどじっくりと炒めます。

タマネギが溶けてキツネ色になってきたら、頃合いです。

挽肉を入れます。

タマネギと混ぜ合わせるように炒めます。

   

脂が溶けて、透明な油が滲み出てくるまでしっかりと炒めます。

よく炒めないと、肉の臭みが残ります。

ピーマンを入れて1分ほど炒めます。

カイエンペッパー、ターメリックパウダー、クミンパウダー、コリアンダーパウダーを入れて混ぜ合わせます。

岩塩、黒胡椒、ガラムマサラ、パプリカパウダー、クローブパウダー、ナツメグパウダーシナモンパウダーを入れて混ぜ合わせます。

トマトの缶詰を入れて、2分ほど煮込みます。

鶏ガラスープ、ピーナッツバターを入れて、よく混ぜ合わせます。

鶏ガラスープが無い場合は、水100ccと、粒状鶏ガラスープ小さじ1を加えて下さい。

茹でたニンジン、サヤインゲンを入れて、2分煮込みます。

煮込みが済んだら、パクチーを7割入れます。残りの3割は最後の飾りに残します。

パクチーの代わりにカスメリティを入れても良いです。

 

神戸アールティー カスリメティ 100g Kasoori Methi Leaf リーフ フェネグリーク スパイス ハーブ 香辛料 業務用

 

プレーンヨーグルトを入れて混ぜます。

火を止めて、バターを入れよく混ぜます。

チャパティを作るか、出来ているものを温めます。

深めの小皿に盛り付け、残りのパクチーで飾り付け、温かいチャパティを添えれば出来上がりです。

 

スポンサーリンク

     


[トップページへ戻る]

 

神戸スパイス スパイス 5点セット【100g各1袋】 コリアンダーパウダー ガラムマサラ ターメリックパウダー クミンシード カイエンペッパー スターター スパイスセット 業務用

   

「ナイルレストラン」ナイル善己の やさしいインド料理 Kindle版

 

-おすすめ, ひき肉料理, エスニック, レシピ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

インド風スパイスミルクティー『マサラ・チャイ』のレシピと作り方

スパイスは全てホールのものを使います。 パウダーでも作れないことはないですが、茶こしでは濾せません。   チャイに使う紅茶は元々売り物にならない細かいクズ茶葉で作ります。したがって高級な葉は …

糒(ほしい)を使って作る もちもち食感の美味しい『鶏ぞうすい』のレシピと作り方

アルファ化米をご存知でしょうか?日本では古来から「糒」(ほしい)と呼ばれ、携行食として利用されてきました。軽くて常温で何年も日持ちする為、最近は災害時の非常食として見直されています。   尾 …

下ごしらえで苦味をマイルドに! 沖縄料理『ゴーヤーチャンプルー』のレシピと作り方

沖縄県の代表的な家庭料理です。 ゴーヤーは、そのまま炒めても苦味が強すぎるので、このレシピでは下ごしらえで苦味を程よく抜いて、苦味をマイルドにしてしまいます。 料理を混ぜる時はオタマは使わず、鍋そのも …

『小松菜と厚揚げの煮浸し』のレシピと作り方

さっと簡単に出来る、あっさりとした味わいの定番の煮物です。   スポンサーリンク     3分クッキング 永久保存版シリーズ 日本一おいしい煮もの (角川SSCムック) …

『モツ煮込み』のレシピと作り方

豚白モツを使った味噌煮込みです。白モツは3回茹でこぼす事で、余計な臭みや脂を払い、ショウガでさらに臭みを消します。 白モツは脂肪を取ると半分ほどになってしまうので、量は多めのほうが良いかもしれません。 …