おすすめ レシピ 和食

『カツオのタタキ』のレシピと作り方

投稿日:2018-08-04 更新日:

カツオのタタキってすぐに食べられるものが売っていますけど、焼きたての方が断然美味しいです。

切り身から作るので身は瑞々しくプリっとしていますし、焼き目も香ばしく仕上がります。

   

 

かつお たたき 三陸沖金華 鰹 たたき 1本 300g~375g

   

鰹のたたき 藁焼き 高知 おきのしま 国産 水揚:鹿児島県 静岡県 一本釣り 漁師の目利きで厳選 店主一押し まぐろ家本舗

 

材料

2人前

カツオの切り身 (柵切り) 1つ
長ネギ 1/3本

タレ

薄口醤油 大さじ2
昆布つゆ 大さじ1
にんにく 2片
生姜 1片

つま

大葉 2枚

かいわれ大根 ひとつかみ

 

スポンサーリンク

 

作り方

カツオの切り身についている余分な血など流水で洗い流してから、30cm以上のバーベキュー串で串打ちをします。

串は4本以上使い、扇子のような形に刺してしておきます。

串打ちしたら、カツオを焼く前に桶に水を張って、氷を沢山入れて、氷水のプールを作っておきます。

コンロに火を付け、強火にします。

串打ちしたカツオをコンロの直火でまんべんなく片面30秒間ほど焼きを入れます。

片面が焼けたら、裏返して同じように焼きます。

あまり焼き過ぎると、芯まで火が通ってしまって美味しくないので、極力強い火で表面にだけ焦げ目をつけます。

程よく焼き目が着いたら用意しておいた氷水のプールの中に沈めて冷やします。身が崩れないように、串も抜きましょう。

冷たいほうが美味しいので、氷が溶けてしまったら氷を足し、カツオをキンキンに冷やします。

   

カツオを冷やしている間にタレを作ります。

薄口醤油と昆布だしつゆを混ぜたものをつけダレにして、にんにくと生姜はおろしておきます。

長ネギを細かくみじん切りにしておきます。

カツオまな板に移し、1.5cmくらいの厚切りにします。

皿につまを敷いてから、カツオを皿に盛り付けて刻みネギを添れば出来上がりです。

 

スポンサーリンク

     

[トップページへ戻る]

 

コールマン ステンレススキュアー 170-9076

   

ソト(SOTO) フィールドチャッカー ST-Y450

 

-おすすめ, レシピ, 和食

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

アルザス風『ポトフ』のレシピと作り方

フランス北東部のアルザス地方の風のポトフです。 油を入れて炒めるような事もせず、野菜もたっぷりでヘルシーです。 牛、豚、鶏の三種類の肉を使用する事で、複雑な旨味が十分出て美味しくなるので、 コンソメパ …

市販のルウを使わなくても美味しい『チキンクリームシチュー』のレシピと作り方

市販のクリームシチューのルウを使わないチキンシチューです。 市販のルウのようにショートニングなどの油を使ってないので、少し健康志向かも知れません。ただ、トロミは少なめでどちらかというとクリームスープの …

娼婦風パスタ『プッタネスカ』のレシピと作り方

トマトソースベースに、オリーブの実、ケッパー、アンチョビ等を加えたパスタです。 使われるパスタは様々で、太麺のフェットチーネや、フリッジ等のショートパスタが用いられる事もあります。 別名「娼婦のパスタ …

『絶望』のレシピと作り方

イタリア語では「Spaghetti alla disperata (スパゲッティ・アッラ・デスペラータ)」。 「絶望」はレシピに関しては三種三様で、ニンニクと唐辛子以外は何も入っていないパスタだと言う …

シンガポール風焼きビーフン『星洲炒米粉(シン・チャォ・チャォ・ミー・フェン)』のレシピと作り方

星洲 (シン・チャォ)はシンガポールの昔の呼び名、 炒米粉 (チャォ・ミー・フェン)は炒めたビーフンの事。 「焼きビーフン」は中国の福建省の料理ですが、これをカレー風味にしたものが、シンガポール風焼き …