レシピ 夏の料理 洋食 調味料、素材

『キュウリのピクルス』のレシピと作り方

投稿日:2018-10-20 更新日:

ハーブと調味料を煮出したピックル液を作り、野菜を瓶で漬け込みます。

水と酢は1:1の割合で。

容器は耐熱性があるとよりいいですが、ピックル液を冷ましてから瓶に入れても問題ないので、基本的にはどんな瓶でも大丈夫です。

ここでは400ccの瓶を使って、ピクルスを作ります。

気合を入れて大量に作っても食べきるのが大変ですし、保管にも場所を取ります。最初に作る時は小さな瓶で少量作ってみるのをおすすめします。

   

 

ヘングステンベルグ ガーキンス 720ml×2個

   

HARIO (ハリオ) スキニーキャニスター 400ml SCN-400T

 

材料

2~3人分

きゅうり 1本

にんじん 1/2本

水 70cc

リンゴ酢 70cc

砂糖 大さじ1

岩塩 小さじ1

ローレル 2枚

黒胡椒 (粒) 小さじ1/2

マスタードシード 小さじ1/2

クローブ 3つ

ディル ひとつまみ

にんにく 1片

しょうが 薄切り2~3枚

鷹の爪 1本

 

スポンサーリンク

 

作り方

にんにくは包丁の腹で潰して、皮を剥ぎます。しょうがは薄切りに、鷹の爪はまるごとそのまま、ローレルはコンロの直火で軽く炙ります。

リンゴ酢、水を1:1の割合で小鍋に入れ、ディル以外の全ての材料も小鍋に入れ、中火にかけます。

 

マスタードシードホール 100g コウベグロサーズ

 

軽く煮立ったら火を止め、粗熱を取ります。

   

きゅうりは瓶の長さと合うように測って切ります。

ピックル液に沈める事も考慮して、こころもち短めにします。

にんじんも同じ長さに切ります。

   

シンクにザルを用意して、鍋に水を入れて沸騰させます。

生野菜をそのままピックル液に漬けてもなかなか浸透しないので、最初に湯通しを行う必要があります。

まずキュウリよりも火の通りにくいニンジンを30秒ほど湯通しします。

完全に煮えてしまわないうちにザルに上げます。

続いてきゅうりも湯通しします。きゅうりはすぐに火が通ってしまうので、10秒ほどさっと熱を通して、すぐにザルにあけます。

ザルに上げた野菜の水をよく切ります。

瓶の底にディルを詰めてその上に野菜を敷き詰めていきます。

ピックル液を入れた時に浮き上がらないように、しっかりと敷き詰めます。

 

ディルウィード アネット イノンド 50g ディル アメ横 大津屋 蒔蘿 イネルド dill スパイス ハーブ

 

野菜が水没するように、ピックル液を流し入れます。

耐熱瓶の場合は熱いピックル液をそのまま入れますが、普通のガラス瓶の場合は割れる可能性が高いので、ピックル液が冷めるまで待ってから入れて下さい。

ハーブも一緒に漬け込みます。


蓋をして冷蔵庫で3日ほど漬けると、食べごろです。

冷蔵で2週間ほど持ちます。

食べ終わった後、ピックル液を使い回す場合は1度まで、野菜から水分が出て薄くなっているので、リンゴ酢を少し足すと良いでしょう。しかしそれ以上は雑菌の繁殖もあるので、使い回さずに捨ててしまいましょう。

3日後のピクルスです。きゅうりはすっかりピクルスの色になっています。

スライスしてパンに挟むと合います。

付け合せや、タルタルソースの材料にもなります。

 

スポンサーリンク

     

[トップページへ戻る]

 

WECK ガラス保存容器 モールドシェイプ 750ml WE-743

   

セラ―メイト 保存 容器 ガラス キャニスター 420ml チャーミークリアー L3 日本製 221145

 

-レシピ, 夏の料理, 洋食, 調味料、素材

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

芋を丸ごと蒸すだけ!しっとりホクホクの『ふかし芋』のレシピと作り方

蒸し器があれば簡単に作れる、サツマイモのふかし芋です。       岡三食品 パクッと焼いも50g×20個     サツマイモの世界 世界のサツマイモ …

『焼売』のレシピと作り方

豚と鶏の挽き肉で作るシュウマイです。       横浜名物 シウマイの崎陽軒 キヨウケン 真空パック シュウマイ 30個入(15個×2箱)     ヨ …

タンドリーチキン? パンジャブ料理『チキンティッカ』のレシピと作り方

日本では一般的に「タンドリーチキン」と呼ばれているインド(パンジャブ)料理です。 鶏肉をスパイスとヨーグルトに漬け込んで、タンドールという土窯の中であぶり焼きにしたものです。 ですが、本来のタンドリー …

砂糖少なめであっさり『アップルコンポート』と、リンゴの皮で作る『アップルティー』のレシピと作り方

コンポートというと、大変甘いイメージですが、砂糖少なめにして、リンゴの自然の甘みを活かした仕上がりにします。 シナモンを効かせているのでスパイシーな味わいです。 リンゴを生で食べるよりも口当たりが軽い …

安いお肉でも下ごしらえで柔らかく美味に! ミディアムレアの『ビーフステーキ』のレシピと作り方

繊維の多い牛肩ロースを柔らかく処理し、香味野菜のオイルマリネで野菜の甘味を加えた仕上がりにします。 味付けはトリュフソルトと、黒胡椒と、粒マスタード。塩とコショウは焼く直前に降り、固さの原因である肉の …