おすすめ レシピ 和食

『お好み焼き(豚玉)』のレシピと作り方

投稿日:2018-08-13 更新日:

カツオ粉とオキアミで香ばしさと自然な旨味を出します。

   

 

下村企販 お好み焼き・ホットケーキパン 両面エンボス鉄製 日本製 41.2×23×4cm 25739

   

オタフク オコミックスソフト 1kg

 

材料


2人分

キャベツ 300g

豚バラ肉 100g
長ネギ 青い部分

ごま油 小さじ1

小麦粉 150g
水 150cc

長芋 50g

カツオ粉 大さじ1 ※買ってきたばかりの新鮮なもの
オキアミ 大さじ2 ※桜えびでも可
天かす 大さじ3 ※買ってきたばかりの新鮮なもの
紅しょうが 30g

卵 1個

アオサ ひとつまみ
かつお節 ひとつまみ

お好み焼きソース 適量

マヨネーズ 適量

 

スポンサーリンク

 

作り方

油をひいてない鍋を中火にかけ、オキアミ(または桜えび)を煎ります。

パチパチと音がして香ばしさが出てきたら火を止めます。

 

お得な【3袋セット】 無添加無着色三陸えび 干あみ 100g×3袋 いさだあみ ツノナシオキアミ

 

オキアミは国内産が超オススメです!(値段もそんなに変わらないので是非)

よく出回っているベトナム産などのものと比べて、殻が柔らかく、そのまま食べても、スルメのような強い旨味が口の中に広がります。

ボウルに小麦粉、カツオ粉、炒ったオキアミを入れます。

ここでしっかり生地に旨味を入れる事がとても大切です。

箸でよく混ぜ合わせます。

を入れ、箸でよく混ぜます。

長芋の皮を剥き、おろし金でおろして生地に混ぜます。

 

無着色 桜えび 素干し 台湾産 100g

 

キャベツを5mm~1cmくらいに細かくザク切りにします。

長ネギの青い部分をみじん切りにします。

豚バラ肉を薄切りにします。

   

フライパンを弱火にかけて、ごま油を引いておきます。

生地にキャベツ、天かす、長ネギ、紅しょうが、卵を乗せます。

生地と具は焼く直前まで混ぜません。

フライパンが温まったら、生地をよく混ぜます。

弱火のままフライパンに油をひいてならしたら、生地を箸で少しづつ乗せて、円形に盛ります。

豚バラ肉を生地にくっつくように押し付けながら乗せます。

そのままフタをして4分間蒸し焼きにします。

ひっくり返して、4分、フタをして蒸し焼きにします。

生地を押さえつけると固い食感になるので、絶対に押さえつけて整形しようとしてはいけません。

もう一度裏返して、3分焼きます。

フライパンから大きめの平皿にターナーで移します。

お好み焼きソースをたっぷりとかけます。

 

オタフクソース 小ヘラ 角丸 3本入 H10442

 

マヨネーズをかけます。

かつおぶし、アオサを盛ってできあがりです。

 

スポンサーリンク

     

[トップページへ戻る]

 

オタフクソース 大ヘラ 2本入 H10444

   

遠藤商事 業務用 起金 3.5寸 木柄 18-0ステンレス 日本製 GOK04035

 

-おすすめ, レシピ, 和食

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

渋くない!氷を入れても濁らない!おいしい『アイスティー』の淹れ方

暑くなってくると冷たいお茶が飲みたくなりますが、自分でアイスティーを作った時に、凄く渋かったり、氷を入れた瞬間に濁ってしまったりしませんか? 普通より濃い紅茶を作って、グラスにあらかじめ氷を入れて、熱 …

『田舎風 煮込みうどん』のレシピと作り方

たっぷりの大根を具にした汁を使い、「けんちんうどん」に近いレシピです。       【Amazon.co.jp限定】岡坂商店 本場讃岐うどん「二番」(半生うどん) おため …

昭和の洋食屋風『スパゲッティ・ナポリタン』のレシピと作り方

イタリアの港町ナポリにはナポリタンというメニューは無く、完全な和製洋食という事実は割と今では周知されているのではないでしょうか。 最近ではホールトマトやトマトピューレを使った少しオサレなナポリタンのレ …

芋を丸ごと蒸すだけ!しっとりホクホクの『ふかし芋』のレシピと作り方

蒸し器があれば簡単に作れる、サツマイモのふかし芋です。       岡三食品 パクッと焼いも50g×20個     サツマイモの世界 世界のサツマイモ …

『フライドポテト』のレシピと作り方

フライドポテトでよくある失敗は、ベトっと油っこく揚がってしまう事では無いでしょうか? カラっと揚げるコツは、ジャガイモの水分を抜くために低温長時間の「じっくり揚げ」をし、油を切って乾かしてから、食べる …