おすすめ ひき肉料理 レシピ 中華料理

スーパーで買える最小限の材料だけで作る 『麻婆豆腐』のレシピと作り方

投稿日:2018-12-31 更新日:

ピーシェン豆板醤、豆鼓、葉ニンニク、ホワジャオ、紹興酒と言った専門的な材料は使わず、 スーパーで買える最小限の材料だけで作る日本式の麻婆豆腐です。

四川式麻婆豆腐と比べると、やや味に深みが欠けますが、その分手軽に簡単に作れます。

   

 

ヤマムロ 陳麻婆豆腐調料・箱 (50GX3) ×2箱

   

新宿中村屋 本格四川 辛さ、ほとばしる麻婆豆腐 155g×5個

 

材料

2~3人分

木綿豆腐 500~600g ※お好みで絹ごしでも可

ひき肉(合い挽き) 200g 

豆板醤 小さじ2

ニンニク 2片

ショウガ 1片

甜麺醤 大さじ1

ごま油 小さじ2 ※炒め用

ごま油 小さじ1 ※仕上げ用

黒胡椒 小さじ1

片栗粉 小さじ2

粒状鶏ガラスープ 小さじ1

味噌 大さじ1 

長ネギ 1/3本 

長ネギ 少々  ※仕上げ用

薄口醤油 大さじ1 

 

スポンサーリンク

 

作り方

水溶き片栗粉

片栗粉を大さじ1の水に溶いて、水溶き片栗粉を作っておきます。

豆腐の上にカッティングボードなどを乗せて、その上に小さな鍋などの重しをし、15分ほど置いて水分を抜きます。絹ごしは崩れるのでやらないで下さい。

水分を抜いた豆腐を2cmくらいの幅の角切りにします。

ニンニクをみじん切りにします。

ショウガをみじん切りにします。

   

中華鍋を中弱火で熱し、鍋が温まったら、弱火に落としてごま油を入れます。

豆板醤を入れます。

豆板醤、入手のしやすさと味を考えると、李錦記がオススメです。

 

李錦記 四川豆板醤 レギュラー 1kg

 

1分ほど弱火で炒め、辛味を出します。

豆板醤は長く炒めるほど辛味が強くなります。辛くしたい場合は長めに、マイルドにしたい場合はあまり炒めないで下さい。

   

ニンニク、ショウガを入れて、豆板醤と炒めます。

3分ほど弱火でじっくりと炒めて、ニンニクがカリカリになるくらい炒めます。

焦げるくらい炒めると、香ばしさが出ます。

ひき肉を加えます。

中華料理のプロは生の挽肉ではなく、炸醤(ザージャン)という肉味噌(挽肉、甜麺醤、生抽、水をあらかじめ合わせて炒めたもの)を使いますが、あらかじめ 炸醤 を大量に作っておく事で業務の時間短縮をする事や、 炸醤を使った他の料理への応用が容易という理由くらいなので、家庭では炸醤を作らなくても味に大きな違いは無いと思います。

ひき肉から脂が沢山出るので、その脂で肉をカリカリに炒めます。

ひき肉が炒まったら、甜麺醤、薄口醤油を加えます。

ひき肉と甜麺醤をよく混ぜます。

 

リキンキ 甜麺醤 1kg

 

水150cc粒状鶏ガラスープを加えます。

豆腐を煮込むと沢山水分が出てくるので、水かさはやや少なめで良いです。

手軽にチキンストックを作れる「粒状トリガラスープ」は、非常に使いやすいうま味調味料なので、業務用サイズを1つ持っておくと重宝します。

 

ユウキ 化学調味料無添加のガラスープ 400g

 

味噌を入れてスープにしっかりと溶きます。

豆腐を崩さないように入れます。

お玉の背で軽く押して、スープをなじませてから、蓋をして弱火のまま3分煮込みます。

煮込みが浅いと豆腐に味がよく染みず、また煮込みすぎると豆腐が煮えすぎてすが入り、食感が悪くなります。

長ネギを荒みじん切りにします。

3分豆腐を煮込んだら蓋を取り、豆腐を崩さないようにお玉の背で豆腐をやさしく押し混ぜながら、水溶き片栗粉を少しずつ入れて、トロミをつけます。

トロミが全体についたら火を強火にします。

強火にした後は、豆腐が鍋底に焼き付くので、豆腐が崩れないように混ぜながら 1分ほど焼いて香ばしさを出します。

トロミがついてきたら長ネギ3分の2ほど入れます。

長ネギはしっかりと火を通さずに、予熱で熱を通すようにすると香りが残ります。

焦げ付きすぎないように、オタマの背で押しながら混ぜます。

(多少焦げ付くのは仕方ありません)

焼き込みが仕上がったら、火を止めて黒胡椒、ごま油を入れて香り付けし、軽く混ぜます。

平皿に盛って、長ネギを散らせば完成です。

丼にご飯を半分入れて、その上によそれば麻婆豆腐丼になります。

こちらもおすすめです。

 

スポンサーリンク

     


[トップページへ戻る]

 

「Wakiya一笑美茶樓」脇屋友詞のおいしい理由。中華のきほん、完全レシピ (一流シェフのお料理レッスン) (日本語) 単行本 – 2016/5/10

 

全196ヵ国おうちで作れる世界のレシピ【第5回 料理レシピ本大賞 特別選考委員賞受賞作】(ライツ社) (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2017/12/16

-おすすめ, ひき肉料理, レシピ, 中華料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

『タピオカ・ココナッツミルク』のレシピと作り方

タピオカ・ココナッツミルクは、東南アジア発祥のスイーツで、タイなどの東南アジア諸国で広く親しまれています。 日本では1980年代に白くて粒の小さいタピオカパール入りのココナッツミルクが東南アジアより輸 …

娼婦風パスタ『プッタネスカ』のレシピと作り方

トマトソースベースに、オリーブの実、ケッパー、アンチョビ等を加えたパスタです。 使われるパスタは様々で、太麺のフェットチーネや、フリッジ等のショートパスタが用いられる事もあります。 別名「娼婦のパスタ …

鉄板焼き風『ソース焼きそば』のレシピと作り方

鉄板焼きの焼き方で、液体の焼きそばのソースを使い、美味しい焼きそばに仕上げます。 家庭には鉄板はまず無いだろうと思うので、炒め用途の鉄鍋で再現します。 ホットプレートでも同じように調理できると思います …

しっとり食感の『サラダチキン』と、様々な料理に使える『チキンスープストック』のレシピと作り方

「サラダチキン」は、近年スーパーやコンビニなどで売られるようになりましたが、「鶏ハム」という名で家庭料理として過去に流行ったものです。 ハムとは作成工程が違いますが、スラッと薄く切れ、まるでローストビ …

『カツカレー』のレシピと作り方

作る際は先にカレーを作ってから、とんかつを揚げてアツアツのカツを使います。 とんかつの作り方は↓コチラから。 2度揚げで柔らかジューシーな『とんかつ』のレシピと作り方     &n …