ひき肉料理 レシピ 洋食

『ハンバーグ』のレシピと作り方

投稿日:2018-10-01 更新日:

合い挽き肉、パン粉、タマネギ、ナツメグ、塩コショウのスタンダードなハンバーグステーキです。

   


 

内祝い お返し ギフト お中元 お歳暮 【 牛松 本店 】 松阪牛 特選 ハンバーグ 160g × 5個 【 高級 桐箱入 】 お祝い お祝い返し お礼

   

bonbori [ぼんぼり] 究極のひき肉で作る 牛100% ハンバーグステーキ (プレーン) 200g × 8個入り [無添加 レトルト]

 

材料


2~3人分

合い挽き肉 300g

パン粉 20g
岩塩 小さじ1
ガーリックパウダー 少々
ジンジャーパウダー 少々
ナツメグ 少々
黒胡椒 小さじ1

ソフリット

タマネギ Sサイズ 1個
オリーブオイル 小さじ1
岩塩 少々

ハンバーグソース

赤ワイン 大さじ2
醤油 大さじ1
バター 10g
ケチャップ 大さじ2
ウスターソース 小さじ1
コンソメパウダー 小さじ1
フォンドボーのフレーク 大さじ1 ※無ければ市販ビーフシチューのルウ 1/2片
水 大さじ2

付け合せ

トマト Sサイズ 1/2個
レタス 1枚

 

スポンサーリンク

 

作り方

タマネギをみじん切りにして、ソフリット作りから始めます。

炒め用の鍋にオリーブオイルを入れて中弱火にかけ、玉ねぎを入れて、岩塩を加えます。

岩塩を加えることで、タマネギの水分が飛び、旨味が凝縮します。

焦げないように注意しながら、1分おきに混ぜてじっくりと炒めます。

   

タマネギが飴色になったら火を止めて、放置して粗熱をとります。

これでソフリットは出来上がりです。

付け合せのトマトは4つ切りに、レタスは必要分ちぎって水に晒しておきます。

赤ワイン、フォンドボーのフレーク、ケチャップ、醤油、ウスターソース、コンソメパウダー、バター、水を1つの容器にまとめて、ハンバーグソース用の材料を予め合わせておきます。

素早くソースを作れるようにしておくと、ハンバーグが冷めません。

   

次に肉タネを作ります。

ボウルにひき肉、ナツメグ、岩塩、黒胡椒を入れます。

塩分を加えることで粘りが出やすくなります。

ボウルの材料を、粘りが出るまでヘラでよく混ぜます。

手で混ぜると体温で挽肉の脂が溶けて、肉同士が結着しなくなるので、極力温かい手で触れず、ヘラで捏ねるように混ぜるようにします。

ここで粘りを出さないと、肉が繋がらず、焼いた時にボロボロに崩れるハンバーグになります。

ハンバーグはこの時に出した粘り自体がツナギになります。

脂身を溶かさずに、赤身の粒が見えなくなり、やや繊維状になってきたら大体良いです。

混ぜすぎると練り物のような食感になってしまうので、少し粘りが出てきたら練るのをやめます。

練った挽肉に、ソフリット、パン粉、ガーリックパウダー、ジンジャーパウダーを加えます。

再びヘラで良く混ぜて、肉タネは出来上がりです。

油返ししたフライパンを中強火にかけ、オリーブオイルをひいて、肉タネを手で素早く成形しながら乗せていきます。(この段階では手で触っても大丈夫です)

両手を使って肉タネを小判型に整形し、片方の手に軽く打ち付けるようにすると、空気が抜けて崩れにくくなります。

ただあまり平べったくしすぎるのも、見た目が良くないので大体2センチくらいの厚さにすると良いと思います。

最初は必ずやや強めの中火で、片面にしっかりと焼き色を付けます。ここで焼き色を付けておかないと、美味しそうに見えません。

焼き面に焼き色がついてなかった場合は、しっかりと焼き色がつくまで返し直して焼いておきます。

蓋をすると、圧力で肉汁が吹き出してしまうので、終始、蓋はしないで下さい。

ひき肉300gの分量で、大体4つのハンバーグを作ることが出来ます。

片面を2分ほど焼いて焼き色を付けたら、フライ返しで返し、火を極弱火に落とし、蓋をせずに15分かけて裏側からじっくりと中まで火を通します。

火が強いと焦げてしまうので、火加減は極力弱くして時間をかけて火を通します。

15分経って、串などを指して透明の肉汁が出てきたら焼き上がりです。

ハンバーグが焼き上がったら、大きめの平皿にハンバーグをよそり、フライパンにハンバーグソース用に合わせておいた調味料を入れます。

ハンバーグから滲み出た油脂と混ぜる事で旨味や香ばしさが加わったソースになります。

アルコール分が飛んだら、ハンバーグソースの出来上がりです。

皿にトマト、レタスなどの付け合せを添えて、ハンバーグソースをスプーンでハンバーグの手前にかければ、出来上がりです。

 

スポンサーリンク

     

 

本当においしく作れる洋食 (きちんと定番COOKING) (日本語) 単行本 – 2012/4/3

   

パナソニック フードプロセッサー 1台6役(きざむ・する・混ぜる・おろす・粗おろし・こねる) 離乳食 MK-K61-W

 

[トップページへ戻る]

-ひき肉料理, レシピ, 洋食

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

タンドリーチキン? パンジャブ料理『チキンティッカ』のレシピと作り方

日本では一般的に「タンドリーチキン」と呼ばれているインド(パンジャブ)料理です。 鶏肉をスパイスとヨーグルトに漬け込んで、タンドールという土窯の中であぶり焼きにしたものです。 ですが、本来のタンドリー …

チャーハン等の炒めものが格段に旨くなる! 余った鶏の皮から作る調味油『チー油(鶏油)』のレシピと作り方

別名チキンオイル。 チャーハンなどの炒め油に使うと植物油より格段においしくなります。 中華料理屋さんはこれの業務用を使ってチャーハンを作ります。 また、ラーメンスープの調味油としても使われ、ナッツのよ …

イタリア料理『カプレーゼ』のレシピと作り方

イタリアのカプリ島由来のサラダで、イタリアでも日本でも定番のオードブルです。 エクストラバージンオリーブオイルを使うと、味も引き立ちます。 本物のエクストラバージンオリーブオイルは、日本でも僅か200 …

タイ料理『カオマンガイ(海南チキンライス)』のレシピと作り方

元々南シナ海に浮かぶ海南島の家庭料理発祥で、「海南鶏飯」(ハイ・ナン・ジー・ファン)、「シンガポールライス」など色々な名称で呼ばれ、台湾、香港、マレーシア、シンガポール、タイなど広く普及している料理で …

コーンスターチでカラッと揚げる『鶏のから揚げ』のレシピと作り方

薄力粉、コーンスターチを4:6の割合で衣を作ります。 2度揚げを行い、予熱で火を通すようにしてジューシーな唐揚げに仕上げます。 鶏肉を調味料に漬け込む時間は、長過ぎると鶏肉の肉汁も流れ出てしまうので長 …