おすすめ レシピ 中華料理 調味料、素材

四川風具入りラー油『辣椒油(ラー・ジャオ・ユ)』のレシピと作り方

投稿日:2019-10-13 更新日:

辣椒(ラー・ジャオ)とは、「トウガラシ」の事。

たっぷりかけて食べられる、辛くない、けどちょっと辛い具入りラー油です。

市販のものも売ってますけど、手作りの方が断然美味しいので、手作りがおすすめです。

香り付けに、シナモンや八角を使い、タマネギやニンニクなどの具をたっぷり入れるので、ただ辛いだけの普通のラー油よりも美味しく、使い勝手が良いと思います。

一度に多めに作れるので、食べるラー油の消費量が多い人は、作ってみてはいかがでしょうか?

   

 

2本セット 老干媽 風味鶏油辣椒 鶏肉入り ラー油 中国名産 人気商品 280g x 2本

   

李錦記 潮州辣椒油 瓶 335G

 

 

材料

 

 

 

2~3人分

粉唐辛子・甘口(キムチ用) 40g

粉唐辛子・中辛 (一味唐辛子) 10g 

鷹の爪 0~3本 ※入れる事で辛味を調整

キャノーラ油 400cc

ニンニク 8片

ショウガ 1片

タマネギ Sサイズ 1個 ※多いほど甘口になります。

長ネギ 1本

ホワジャオ (山椒の実) 20g

八角 (スターアニス) 3~5片

シナモンスティック 1本

ローレル 3~4枚

味噌 大さじ1

豆板醤 小さじ2

 

スポンサーリンク

 

 

 

作り方

まず中華鍋にキャノーラ油を入れます。

「ごま油を使わないの?」と思われるかも知れませんが、香りの強いごま油は、ラー油作りにはあまり向いていません。

使う油に決まりは無いので、ごま油や他の油を使っても構いません。

鍋を中火にかけ、鷹の爪、八角、ローレル、シナモンスティックを油に入れて、油が少し湧いてきたら極弱火に落として、10分ほどじっくりとスパイスの香りを油に移します。

あまり辛くないラー油を作りたい場合は、鷹の爪は入れなくても構いません。

   

タマネギを細かくみじん切りにしておきます。

タマネギは量が多いほどラー油は甘口になります。

10分したら、ホワジャオを油の中に入れます。

鷹の爪、八角、ローレル、シナモンスティックはもう不要なので、油から取り出して捨てます。

タマネギを入れて、水分をよく飛ばす感覚で低温でじっくり15分ほど揚げます。

タマネギの水分が残ると完成したラー油が痛みやすくなるので、やや長めにかつ焦げないように揚げて水分を飛ばします。

ニンニクを用意します。大体8片ほどあればいいです。

   

カッティングボードや包丁の腹で、殻ごと潰してから

皮を剥がします。

そして細かくみじん切りにします。

ショウガも皮ごと細かくみじん切りにし、ニンニクと一纏めにしておきます。

   

15分したら、ニンニク、ショウガを入れて、 水分をよく飛ばす感覚で低温でじっくり10分ほど軽く色づくまで揚げます。

長ネギを細かくみじん切りにします。

10分したら長ネギを入れて、水分をよく飛ばす感覚で低温でじっくり15分ほど軽く色づくまで揚げます。

キムチ用の粉唐辛子と、中国産の一味唐辛子をブレンドします。

 

業務用 唐辛子粉 キムチ用 1kg 中国産

   

ユウキ 一味唐がらし 300g

 

乾燥唐辛子の味は鷹の爪のように、「燃え上がるように辛いが、甘みや味わいが無いもの」、逆にキムチ用の唐辛子のように、「辛味はまろやかだが、甘みや味わいがあるもの」と、様々です。

キムチ用の唐辛子のみでは、辛くならないので、程よい辛さの一味唐辛子をブレンドします。

粉唐辛子をブレンドしたら、小さじ1の水を入れて、粉唐辛子を湿らせてから混ぜておきます。

こうする事で、沸騰した油に粉唐辛子を入れた時に、唐辛子が黒く焦げてしまうのを予防しておきます。

   

15分経って、ニンニクがキツネ色に色づいてきたら、頃合いです。

粉唐辛子を加えます。

味噌、豆板醤を加えます。

   

よく混ぜて撹拌させます。

火を止めて、1時間ほど放置して十分に冷まします。

瓶や容器に移して完成です。

保存は常温で大丈夫ですが、タマネギやニンニクの水分が残っていた場合は、カビが発生したりする場合もあるので注意して下さい。

冷奴の薬味などに使うととても美味しいです。

 

スポンサーリンク

     


[トップページへ戻る]

 

業務用 唐辛子粉 キムチ用 1kg 中国産

   

ユウキ 一味唐がらし 300g

 

-おすすめ, レシピ, 中華料理, 調味料、素材

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

キャンプ飯の定番。アメリカ料理『ジャンバラヤ』のレシピと作り方

アメリカでキャンプ&アウトドア料理として、バーベキューに並んでよく作られるのが、この肉と香辛料の炊き込みご飯、「ジャンバラヤ」。 アメリカ南部のフランス系移民である「ケイジャン」の料理で、ケチャップラ …

気分は荒野のガンマン『チリビーンズ』のレシピと作り方

チリコンカーン、チリコンカルネとも言われるアメリカ南西部の料理で、キドニービーンズと牛肉を煮込みます。 キドニービーンズは日本の金時豆に似ていますが、長時間煮込んでも金時豆よりも煮崩れしにくい特徴があ …

殻付き銀杏を美味しくいただく『銀杏の茶碗蒸し』のレシピと作り方

失敗しない為には、蒸す時に蒸気を適度に逃して低温でじっくりと火を通し、決して蒸し器の温度を上げすぎない事です。 茶碗蒸しはダシが命なので、ややクドいくらいに濃いだし汁を作ると美味しいと思います。 &n …

アルザス風『ポトフ』のレシピと作り方

フランス北東部のアルザス地方の風のポトフです。 油を入れて炒めるような事もせず、野菜もたっぷりでヘルシーです。 牛、豚、鶏の三種類の肉を使用する事で、複雑な旨味が十分出て美味しくなるので、 コンソメパ …

市販パスタソースで作る『炊飯器ピラフ』のレシピと作り方

ピラフは米と一緒に野菜や肉やシーフードをフライパンで炒め、水やワインを加えてから炊き上げる米料理です。 レトルトや缶詰のパスタ用ソースと炊飯器でも簡単にそれっぽいものが出来るので作り方を解説したいと思 …